SSブログ

小田仁二郎と寂聴さん(「米沢日報」元旦号) [小田仁二郎]

米沢日報 小田仁二郎1A4OK.jpg「米沢日報」元旦号に、小田仁二郎と寂聴さんについて書いたのが掲載されました。11月に成澤社長から「元旦号に何か書くことない?」と電話がありました。市民大学で話したことを思い浮かべながら、「鷹山公はどう?亡くなって来年がちょうど200年だし」と答えて電話を切ったのですが、ふと「今書くなら小田仁二郎がタイムリー」と思い直して書いた文章です。12月になっての「小田仁二郎特別展」の解説文にも転用しました。(最終章の井筒俊彦関連は米沢日報のみ)

米沢日報 小田仁二郎横浜港 3.jpg記事が出来上がって「さすが成澤社長!」と思わされたのが、寂聴さんの故郷徳島県の県立文学書道館から掲載許可を得たという貴重な3枚の写真。特に横浜港での二人が手を繋ぐ2ショットは、昭和36年(1961)6月、日ソ婦人懇話会訪ソ使節団として1ヶ月のソ連旅行の写真。《二人の男の中を揺れ動き、次第に音彦から罪の意識をかきたてられていた私はこの一ヶ月の旅で、重苦しい生活から少しでも解放されることに、無意識の期待をかけていた。》(『いずこより』新潮文庫480p)この写真は四角関係の一角音彦(小川文明)が撮ったものではないか。

以下、全文です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)