SSブログ
前の10件 | -

本日11時ごろ、一般質問で登壇します [議会]

今日(20日)一般質問で登壇します。板垣致江子議員に次いで二人目なので11時ごろです。

質問内容:「3月定例会一般質問通告してきました」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-09-2

南陽市議会インターネット中継:http://gikai.city.nanyo.yamagata.jp/nanyocity/

次の選挙で落選すれば最後の一般質問なので、その覚悟で臨みます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「不況入りしたのに、株価が続伸する」という謎を解く(田中宇) [現状把握]

田中宇国際ニュース解説会員版 金融システムの詐欺激化
要約:《【2024年2月18日】権威筋はすでに米覇権を守る気がないのだから、ドルや米連銀の信用失墜につながる巨額の裏帳簿を使った金融延命策が行われても不思議でない。米覇権自体、すでに不可逆的に潰れていく道をたどっており、いまさら米覇権を守る気を持っても意味がない。権威筋や米連銀が、以前のように信用を大事にして裏資金に頼っていなかったら、昨年9月からの金利上昇や株安が10-11月に悪化してリーマン級の金融危機に発展していた。危機を先送りするために裏資金の注入が始まった。》

以下、ダイジェスト。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ズタズタになってしまった日本をどう立て直すか⑵ [日本の独立]

《徳田さんが元気だったら、今何をやるだろうかを思います。戦争に敗けて80年、ズタズタになってしまった日本をどう立て直すか、そうわれわれに問いかけているような気がしてなりません。置賜に病院はできなかったけれども、「獅子の会」は今も息づいています。置賜から日本を変え、世界を変える。本気でそう意気込んでいます。》と昨日書いた。「戦争に敗けて80年、ズタズタになってしまった日本」と書いたことについて、とりあえず私自身の歴史をふりかえってみたい

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ズタズタになってしまった日本をどう立て直すか⑴ [日本の独立]

昨日、昔のメンバー8人に新顔4人が加わって「置賜獅子の会」再開準備会を開きました。昔の感覚が甦りました。われわれにとっての徳田虎雄という人の存在の重さがあらためてクローズアップされた感じです。https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2019-12-11

われわれが徳田さんと出会ったのは昭和56年(1981)3月、高畠での講演会でした。医療法人徳洲会創立8年目、もう9つの病院がありました。置賜に病院をつくってほしくて徳田さんの追っかけが始まりました。その後、庄内(余目)、新庄、山形にはできたのに置賜にはできませんでした。代わりにできたのが公立置賜総合病院です。われわれの動きを察知した県が、建設費地元負担5割予定が2割になったことで一挙に進んだのでした。「経営が行き詰まって徳洲会に頼ることになるかもしれない。その時は引き受ける。できるだけいい病院をつくってもらえ。」と徳田さんは言ってくれました。https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-11-17

全国に「獅子の会」を組織しながらの講演行脚でした。5月には宮内で講演してもらいました。会場の修道館は立ち見が出たほどでした。その時「南陽獅子の会」ができました。当時の南陽市立病院の院長もメンバーになりました。その後平成3年(1991)米沢と合流して「置賜獅子の会」になりました。しばらく眠っていたのですが、最近目を覚ましました。以心伝心、徳田さんの意思が働いているような気がしてなりません。ALSという難病で外界との連絡が全く絶たれながら、なお命の火を燃やし続ける徳田さんの不撓の意志が、われわれの気持ちの支えです。https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-06

40数年間徳洲会を見続けてきました。徳洲会の出現で、全国に「年中無休・24時間オープン」の医療体制が敷かれるようになりました。「患者から贈り物は一切受けとらない」のが常識になりました。日本の医療界を大きく変えながら、断トツのトップにのし上がっています。https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-02-12-2

 徳田さんが元気だったら、今何をやるだろうかを思います。戦争に敗けて80年、ズタズタになってしまった日本をどう立て直すか、そうわれわれに問いかけられているような気がしてなりません。置賜に病院はできなかったけれども、「獅子の会」は今も息づいています。置賜から日本を変え、世界を変える。本気でそう意気込んでいます。


*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワクチン接種健康被害認定給付予算:3億6千万円→397億7千万円 [コロナ危機]

画像
南出賢一 /大阪府泉大津市長
新型コロナワクチンの健康被害給付に関する予算は 令和5年度、当初想定の100倍以上 3億6千万円→397億7千万円予防接種健康被害救済制度?新型コロナワクチンとそれ以外の全ワクチンでの認定数比較[新月]2021年2月からはじまった新型コロナワクチンでの死亡認定数は453件(内、118人が突然死および突然死疑い) ※接種回数は4億1千万回 [新月]1977年2月?2021年12月まで、約45年間の新型コロナワクチンを除く全ワクチンでの死亡認定数は151件 ※2012年?2021年度の累計接種回数が約4億3千万回で死亡認定は30件 異常としか思えない。 過去最大の薬害では。 マスコミ、国会、なぜ大騒ぎしない
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

田中宇氏、素顔をカミングアウト! [田中宇]

「印度は意外と居心地良い」https://tanakanews.com/240213india.htmで田中宇氏、素顔をカミングアウト。《私は昔から山歩き(登山)が好きで、雪山が嫌いなので冬場は関東や関西の低山を縦走する。田中宇 山行記録 初の匿名解除) 》

体験的裏付けによる現在日本の宗教批判→《公式な宗教がつまらない小役人体制になっている(新興宗教もいかがわしい)日本から南印度に行くと、宗教が生きている感じがして良いなと思う。》修行とは何かを考えてみると、煩悩、快楽、恐怖心、生死など、自分の人間としての特性と向き合って突き詰め、人間の領域から神の領域に少し入ってみる・覗き見する行為だと考えられる。》納得です。副島氏の『自分だけを信じて生きる』に通じます。→https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-02-1


要約:《【2024年2月13日】印度のヒンドゥ寺院を巡礼すると、私のような日本人にの宗教観に合っている感じ、居心地の良さが感じられた。それは何なのかを考えていくと、日本の宗教の歴史や現状についての考察が必要になった。日本の仏教や今の神道は宗教性が低く、宗教というより役人の管理機構だ。管理機構になる前の日本の宗教はどういうものだったのか。その考察・試論が必要だ。》

ダイジェスト:日帰りでなく山の中で野宿しつつ一人で歩き続けると、自分が自然の一部になった感じを持てる。山中で2-3泊すると嗅覚が鋭くなり、すれ違う人の体臭が感じとれる。北海道では近くの熊の体臭も。
複数人で行ったり、山小屋やテント指定地に泊まると、他の人と接してしまって感じが失われる。野宿(意図的ビバーク)は国立公園法違反だと言う人がおり、調べたが無根拠だ。/歩行以外やってないが、自然との一体化は、人知を少しだけ超える経験で、修行に近い感じがする。誰もいない山中での日没や日の出もすごい。私の宗教観は、こういう感じで得られている。》

役行者からの伝統信仰は途中で切れている。古神道は、修験道以外にいろいろあったと思うが、私自身が片鱗を感じとれるのはこれだけだ。そしてそれも歴史的にいったん失われており、後世の者たちは想像・洞察するしかない。》

四国の歩き遍路も宗教的な歩行だ。徳島県の1番から19番まで100キロを3日かけて歩いてみたが、道のほとんどがアスファルトの舗装道なので苦行というか無意味な拷問で、良くなかった。/土の上を歩くから気持ちが良く、大地(大日如来、胎蔵界)を感じとり、神性と交われるのであって、土と遮断されている舗装道はダメだ。逆に生命を縮める。舗装は、ヒトの足のためでなく、車のゴムタイヤのためのものだ。 /国家建設者でもあった弘法大師の末裔である国土交通省は、四国の1200kmの歩き遍路道の舗装を30センチぐらいの幅で削り取って土を出すのが良い。》

私は歩行以外の修行をしたことはない(怖いの嫌だから今後もしない)。だが、修行とは何かを考えてみると、煩悩、快楽、恐怖心、生死など、自分の人間としての特性と向き合って突き詰め、人間の領域から神の領域に少し入ってみる・覗き見する行為だと考えられる。》

日本の仏教や今の神道は、よく見ると宗教性が低く、宗教というより役人的な管理機構だ。管理機構になる前の日本の宗教はどういうものだったのか。その考察・試論が必要だったので、今回の記事になった。》

BJPが台頭する前の印度政界は、英国独立時からの多数派である国民会議派など左翼世俗派が与党であり、政治エリートだった。世俗派は宗教に寛容で、印度国内の宗教対立は今より少なかった(イスラム主義のパキスタンやカシミール分離独立派との対立はずっとあったが)。 /しかし、左翼リベラル世俗派のエリートが支配していた時代、印度はずっと低成長で長期停滞だった。英国は印度を独立させる際、左翼エリートに支配構造を作らせ、長期停滞を誘発した。モディらヒンドゥナショナリストがそのくびきを破壊し、BRICSの一員として国際台頭する今の印度を作った。》

長州政府による国家神道は、日本人を天皇原理主義で扇動し、日本を強化して大日本帝国にした。だが敗戦で、それらの構造はすべて破壊され、小役人と反日リベラル左翼が跋扈する戦後になっている。/「小役人管理体制だって、平和なら良いじゃないか」。それは肯定する。戦後の日本権力(長州と官僚機構)が、意図的に日本を弱い国にする策を続け、米国に加圧されても好戦性を出せない「弱いふり」戦略で成功してきたのも事実だ。近年のドイツは何重にも自滅させられているが、日本はあまり傷んでいない。それは、弱いふり戦略のおかげだ。 //それらの点を踏まえつつも、公式な宗教がつまらない小役人体制になっている(新興宗教もいかがわしい)日本から南印度に行くと、宗教が生きている感じがして良いなと思う。》

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

『源氏物語』がリアルなわけ [源氏物語]

副島隆彦著『自分だけを信じて生きる』について、要するに、カントの言う「即自的物自体」を第一義にする、というとよくわかる。そこでは「対自」も「対他」もないゆえに「評価」とは無縁な世界だ。したがって「自分だけを信じて生きる」世界なのだ。「一心清明」の世界へと通じてゆく。》とレビューした。https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-02-1 その副島氏の覚悟がただ事ではないことがわかる文章を「今日のぼやき」で読んだ。→「2113」 源氏物語は藤原道長の人生そのものだ論(第3回・全3回) 2024年2月11日 

《大きな真実を探りを入れて、自分の頭であれこれ考えると、明らかになる、いろんな恐ろしい事実が出てくる。『源氏物語』の話に戻すが、私は谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう、1886-1965年、79歳で死)の新訳全集を買ってきて読んだ。この中の一巻目 に出て来る、桐壺帝(きりつぼてい)と、その最後の愛人の、桐壺(きりつぼ)の更衣(こうい)との間に生まれたのが光源氏だ。この桐壺帝が、3代前の天皇である、村上(むらかみ)天皇であり、桐壺更衣は、芳子(ほうし、よしこ)である。この大きな真実を、私、副島隆彦は、遂に突き止めた。そして、生まれて2歳で、この男の子、すなわち親王は、藤原兼家(ふじわらのかねいえ、990年死)に貰われた。これが道長である。だから、光源氏の名の通り、道長は「源氏」(天皇の子で臣下に下った者)なのである。》

家内との朝の音読(https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-04-30)、今朝読んだのが『谷崎源氏』宇治十帖第五帖「宿木」のこの場面、気のすすまぬまま夕霧の婿となった匂宮だが、六の君の美しさのとりこになり、中君には次第に夜離れ(よがれ)が多くなる。こんなときには何かと相談相手になり慰めてくれるのは薫だったが、その同情はしだいに中君への慕情に変わっていった。ついにある夜、薫は思いを打ち明けて近づくが、懐妊の身の中君がいとおしくなり自制した。》ウィキペディア「宿木」)そのリアリティに感じ入ったちょうど後、副島氏の論を読んで納得した。『源氏物語』にはたしかに事実の裏打ちがあったことを。


ほんのキモ部分、下にダイジェストしておきます。

《『源氏物語』とは、だから一体、何なんだということの、真実の大きな火柱を副島隆彦が、ここに上げました。》《いくら真実を覆い隠しても、真実は絶対明らかになる。このことを私は念じながら、自分の霊魂と一緒に生きて、死んでいこうと思っている。/大きな真実を探りを入れて、自分の頭であれこれ考えると、明らかになる、いろんな恐ろしい事実が出てくる。》

ただし、鵜呑みにせず、あくまで自分の頭で咀嚼することが肝心です。そうしてはじめて「知った」ことになります。→マドモアゼル・愛さん「うお座時代の目くらましから覚める時 ー後編ー」https://www.youtube.com/watch?v=o8EHNxwcITs&t=462s

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:

「プーチンがロスチャイルドに宣戦布告」(野崎晃市) [ロシア]

◆令和06/02/11(日) プーチンがロスチャイルドに宣戦布告
脱ロスチャイルドを進めるロシア
プーチンが議会での演説で、ロシアはロスチャイルドのくびきから完全な独立を目指すと再び宣言したそうだ。二年前にも、プーチンはジェイコブ・ロスチャイルドのロシアへの入国および企業設立を禁止すると宣言している。

最近の演説でも、ロシアの将来の子供たちのために、ロスチャイルドの桎梏からロシアを完全に解放すると述べた。そのために、BRICSの新金融システムによる、SWIFTに代わる国際決済システムと脱ドル化を進めている。しかし、西側からの金融制裁、長びくウクライナ戦争での戦費調達のため、ロシアの財政は相当苦しいはずだが…。

野崎晃市

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

タッカー・カールソン:プーチンインタビュー [ロシア]

「カルダシェフ・スケール」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-06-1のインタビューはフェイク(偽物)でした。ただ、「カルダシェフ・スケール」というのは興味深いので、そのままにしておきます。その後、本物のインタビューがいろんな形で出回っています。大きな反響です。

・及川幸久:2024.2.9「【タッカー・カールソン】プーチン大統領インタビューの予想外の展開」 - もしもロシアがNATO加盟国になっていたら?今、核戦争の心配はない。そういう話を米国がけった。 - もしもロシアと米国と欧州がミサイル防衛システムを共同開発していたら?今、核戦争の心配はない。この話も米国がけった。 - プーチンはディープステートの正体であるCIAを知り尽くしていた。 他にポイントが多いので、改めて全容を解説します。 プーチン・インタビュー日本語訳のまとめ: https://ikenori.com/soudan/archives/60755

「タッカー・カールソン:第73話 ウラジーミル・プーチン インタビュー」https://alzhacker.com/ep-73-the-vladimir-putin-interview/

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

3月定例会一般質問通告してきました [議会]

現代民主主義.jpg市議会選挙、3月17日告示、24日投票なので3月議会が2月に始まります。13日(火)開会です。今日10時が一般質問締め切りでした。いつものことながらギリギリの提出です。6番目で20日(火)11時ごろの登壇です。

「どこから手をつけるか⑴」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-06-23の記事以来、どうやったら投票率アップの流れをつくることになるかがずっと頭にあっての質問です。4年間の総括のような質問になりました。昨日『現代民主主義』(山本圭 中公新書2021)のサンプル版で「熟議民主主義」という言葉を見つけ、Kindle版で読み始めました。「熟議民主主義vs闘技民主主義」というのがおもしろい。それがヒントになって1-⑵になりました。「獅子の会」精神にもつながります。著者の山本圭さん、立命館の准教授ですが岡山大学で講師をしておられたとのことで「津島キャンパス」の言葉が出てきたりして親しみが湧いています。まだ一部しか読んでいませんがいい本です。いずれレビューしたいです。

ワクチン接種健康被害についての情報は藤江@日本人さんの情報がありがたいです。→https://twitter.com/JINKOUZOUKA_jp/status/1755460196481311137

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -