SSブログ

無念、最後の議会だより(3)旧ハイジア問題 [議会]

4年前、22年ぶりに議会に返り咲いた。私には古巣に思えた議会報編集委員会、以前に比べずっとていねいな仕事をしていた。当局との間でなんども校正のやり取りが行われた。自ずと当局への忖度がはたらく。今回の私の原稿の改変にそれがよく表れた。私が編集会議に参加しているときも何度もそういう場面があった。基本的に改変を拒否しつつぎりぎり妥協してきた。今回は私の不在ゆえ私の意思はないがしろにされた。当然調整があってしかるべきと思うと口惜しいが、選挙のどさくさのなかでの編集でそこまで手が回らなかったということか。

ただ、いま南陽市民にとって一番の関心事がハイジア問題なのに、そのことに触れるのを議会が避けているように思えるのはどうしたことか。ハイジアには触れてほしくないという市当局への忖度があるのだろうか。一般質問でハイジアに言及したら議長に「通告外」と指摘され、議会だよりも質問の主旨を骨抜きされて、何が問題かわからなくなってしまっている。ハイジアについては先に「一般質問報告⑶「身の丈市政」批判② ハイジア問題 https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-02-24」で書いたが、以前書いた記事とリンクさせながら、これまでの経過と現状を私なりに整理してみました。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無念、最後の議会だより(2) [議会]

手元に届いた議会だよりの私の一般質問から、旧ハイジアに関する質疑は削除されていた。その代わり「一般質問は通告制度を採用しております。この度通告外の質問がありましたが、それについては掲載しておりません。議会報編集委員会」の囲み記事があり、選挙管理委員会事務局長答弁部分が、《「有投票」の選挙の中で、一番高い投票率だった選挙は、昭和51年3月.7日執行の第3回の一般選挙で、投票率は95.3%。/その後、平成4年3月29日執行の第7回の一般選挙までは、投票率が85%を超える高い投票率で推移したがそれ以降の選挙の投票率は右肩下がりに低下し、前回、令和2年3月22日執行の第14回の一般選挙では、投票率が60.8%と過去最低となっている。/選挙啓発ポスターや出前講座などの啓発活動の実施、選挙公報、市のHP、SNS等で投票を呼び掛けている。》と、水増しされていた。ただ、3月26日の校正では全く抹消されていたワクチンについての質疑が復活していたのがせめてもの救いだった。

しかし一番無念だったのが、予算委員会の私の質疑が全く骨抜きされてしまっていたことだ。

まず、倒れる前に書きあげて提出していた原稿。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無念、最後の議会だより(1) [議会]

市議を10年務めて(1992.4~1998.3 2020.4~2024.3)この間ずっと議会報編集委員だった。編集委員としての最後の議会だより(177号)が手元に届いた。それを見て非常に口惜しい思いでいる。

3月4日の編集委員会を前にして病院に運ばれた。1日まで斉藤頭取の葬儀で走りまわって、私の受けもち原稿の残り分(私の一般質問と南陽の歴史発掘)は2日と3日で仕上げるつもりだった。パソコンの使えないICUに入ってしまったので、一般病棟に移り次第書きあげる旨を家族を通して議会に伝えたはずだった。どうもこの辺からこちらの意思が編集委員会にうまく通じなくなってしまったようだ。その後選挙が終わって3月26日が第一回の校正。終了後事務局から私の一般質問校正の写真送付。私の出した原稿ではない。その後伊藤委員長と電話でやりとり。私の思いを伝えたのが以下の文章。


*   *   *   *   *
令和6年3月27日
議会報編集委員長
伊藤 英司 様
髙岡 亮一
 
私の一般質問校正前記事について
 
 私の不徳の致すところ、いろいろご迷惑をおかけすることになり、ほんとうに申しわけなく思っております。
 昨日戸田君(議会事務局)より、私の一般質問校正前記事写真を送っていただきましたが、それを見た上で、以下の通り申し述べさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
 
1. 校正対象記事は私が送った原稿ではありません。私の原稿は3月8日に送っているはずです。(3月2日未明の入院で集中治療室に送られたためパソコン等一切使えず、私の未提出原稿が3月4日の編集委員会に間に合わないこと、パソコンが使える状態になったらただちに作成提出する旨を議会事務局に伝えてくれるよう家族に告げています。)
2.ハイジアをめぐっての議論が、本音にもとづく議論によって議会活性化につながるとの認識に立っての一般質問だったのですが、それが「通告外」の指摘を受けたことについて今以て理解できません。また、当局から「掲載不適当」との指摘があったとのことですが、その旨の文書をお示しください。(参考までに、私なりの一般質問にこめた意図を綴って公開した文章がありますので挙げておきます。《実はこの日の朝ハイジアがどうなっているか見て来ての質問だった。/雨ざらしのA3の張り紙が一枚。「建築物等の解体等の作業に関するお知らせ」とあった。・・・ということで話し始めたら、議長から「ハイジアの問題は通告外」との注意。私としては「身の丈」感覚でハイジア問題をこのままほおっておけば、契約に沿って10年経てば奥山さん側で自由に処分できることになるわけで、そうなればその契約を認めた議会も重大な責任を負うことになる、そうならないためには本音の議論でこの状況をぶち破らねばならない。ハイジア問題をどう解決にもちこむことができるかどうか、それは議会の活性化ひいては市政の活性化そのものの重大問題である、との認識に立っての質問だったのだが、議長には理解してもらえなかったようだ。抽象的な議論をいくらやってもなんにもならない。議会政治の形骸化の一端を垣間見た思いだ。/白岩市長に対して「出張が多すぎるのでは」との批判をしばしば耳にする。たしかに青年市長会の会長を受けて以来、いろんな役職が回ってくるようでそれに伴う会合出席が多くなっていることもあるのだろう。一般質問翌日も東京一泊出張であることを山形新聞の市長今週日程で知り、せっかくの機会、(株)KEN OKUYAMA DESIGNに行って、奥山さんとこれからどうするかについてサシで話してきたらと言いたくてのハイジア問題への言及だった。そのことを告げて、予算委員会であらためて問題にすることにした。》「移ろうままに2」2.24記す)
3.今回の記事は、私の議会人生最後の一般質問となりますので、魂の抜けた内容にしたくありません。もし掲載不適当であればその部分を「通告外のため掲載できません」と記して空白にしてください。
以上
追記 ご指摘を配慮して一部修正の上、あらためて原稿をお送りしますので、よろしくお願い申し上げます。
*   *   *   *   *
そうして送ったのが以下の記事。
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「日本の同盟国である中国」は、言い間違えではない(副島隆彦) [日本の独立]

 【3119】今度の岸田訪米で、米に払った(貢いだ、取られた)カネは、9兆円(600億ドル)である。


以下ダイジェスト。日本は、世界(国際社会)に何も、一切、悪いことをしないで、敗戦後の79年ここまでやって来た。だから、日本は大丈夫だ。オロオロしないで、安心しなさい。》でしめくくられています。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

パンデミック条約反対デモ [コロナ危機]

◎原口一博議員のユーチューブ。https://www.youtube.com/watch?v=z0W9UvOem90

どんなデモだったかがよくわかります。なんか大きな流れになって行くような気がします。

◎【Tokyo Demo#1】English subtitle 4.13 池袋デモには約19,000人が集まった!春風吹く池袋デモを追ったドキュメンタリー。パンデミック条約と国際保健規則IHR改定https://www.youtube.com/watch?v=etgspFLr1zc

◎【決起集会】4.13東京激震!パンデミック条約、IHR反対集会に日本中から集まった人々のNWOから日本を取り戻す闘い!高音質4K https://www.youtube.com/watch?v=-R0wUOujXf4


























nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

井上正康先生「世界への警告」 [コロナ危機]

井上正康先生「日本製ワクチンを決して信用してはいけない」いう英語のメッセージを世界に向けて発信されています。

*   *   *   *   *

見出し画像

mRNAワクチンの開発と生産が日本で進みつつある。そして今年の秋から、新しいタイプのmRNAワクチンである「レプリコンワクチン」の接種が始まろうとしている。

コロナパンデミックにおいて始めて使用されたmRNAワクチンによって多くの被害が起きたにも関わらず、日本政府は反省もなく、新たな被害を起こそうとしている。レプリコンワクチンはスパイクタンパクの産生を止める機能を持たず、接種者からエクソソームを経由して他者に有害成分が伝播することも懸念されている。よって、「私はワクチンを接種しないから大丈夫」というのは間違いである。日本全国、世界全体で阻止しなければ、取り返しのつかないことになる可能性がある。

そこで発せられたのが、井上教授による世界に向けたメッセージである。多くの人にその危険性を知ってほしい。協力してほしい。その願いを込めて、ここに文字で記録する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース