SSブログ

井上正康先生「世界への警告」 [コロナ危機]

井上正康先生「日本製ワクチンを決して信用してはいけない」いう英語のメッセージを世界に向けて発信されています。

*   *   *   *   *

見出し画像

mRNAワクチンの開発と生産が日本で進みつつある。そして今年の秋から、新しいタイプのmRNAワクチンである「レプリコンワクチン」の接種が始まろうとしている。

コロナパンデミックにおいて始めて使用されたmRNAワクチンによって多くの被害が起きたにも関わらず、日本政府は反省もなく、新たな被害を起こそうとしている。レプリコンワクチンはスパイクタンパクの産生を止める機能を持たず、接種者からエクソソームを経由して他者に有害成分が伝播することも懸念されている。よって、「私はワクチンを接種しないから大丈夫」というのは間違いである。日本全国、世界全体で阻止しなければ、取り返しのつかないことになる可能性がある。

そこで発せられたのが、井上教授による世界に向けたメッセージである。多くの人にその危険性を知ってほしい。協力してほしい。その願いを込めて、ここに文字で記録する。

Full text in Japanese(日本語全文)

新型コロナウイルス感染症における人権侵害についてメッセージを送るという貴重な機会を与えていただき感謝申し上げます。大阪市立大学医学部名誉教授の井上正康と申します。私の専門は分子病理学と医学です。

パンデミックは、WHOによって世界中のすべての人々へのワクチン接種を推進するための誤った口実として利用されました。通常10年以上かかるワクチン開発期間をワープ・スピード作戦と称して1年未満に短縮する計画が立てられ、遺伝子ワクチンの誤った概念を隠蔽するために使用されました。開発期間を短縮するという名目で、極めて危険な方法が選択されました

ウイルス遺伝子を筋肉に直接注射し、ヒトの体内で有毒なスパイクタンパク質を生成させ、免疫系を刺激するというものです。全く新しい手法であるため、人類の歴史の中で一度も適用されたことがなく、ほとんどの医師は適切なインフォームド・コンセントを与えることは不可能です。

しかし、ワクチン接種を促進する無責任な政府とメディアのキャンペーンにより、残念ながら日本人の8割はワクチン接種済みです。これまでに7回の接種が行われました。これは世界最大にして最悪の結果であり、人類史上、例のない恐るべき薬害を誘発する結果となりました。

私は、健康な人々、特に健康な子供に対する実験的遺伝子治療の不正使用は、極度の人権侵害であると考えています。しかし、日本の武見敬三厚生労働大臣は、「遺伝子ワクチンによって引き起こされる深刻な懸念はありません」と主張している。被害者の現状に懲りず、次の「パンデミック」に備えて新たなワクチン生産体制の構築を目論んでいます。これは信じられないほど狂った状況であります。

日本政府は、自己増殖型「レプリコン」ワクチンと呼ばれる新しいタイプのワクチンを世界で初めて承認し、今秋から冬にかけて接種を開始する予定です。このプロジェクトには経済産業省が巨額の補助金を拠出し、日本ではこの「新型ワクチン」を生産する工場が次々と建設されている。私はこれらの工場のいくつかを直接訪問しました。

さらに日本政府は現在、ワクチン開発ができる製薬会社に対し、9億ドル相当の大規模臨床試験を公募している。疾病Xによる「次のパンデミック」に備えるという名目で、ワープ・スピード作戦時のさらに3分の1の期間に短縮することを目的として、つまりこれはダボス会議で発足したCEPI(感染症流行対策イノベーション連合)の「100日ミッション」の一環であると推測します。すなわち、ワクチンを100日で開発・供給することで「ワクチンのビジネスサイクル」を短縮しようとしている。これは、人権の観点を無視することによってのみ可能となります。

第77回世界保健総会で採択されようとしているWHOの国際保健規則IHR改正といわゆるパンデミック条約は、そのような非科学的な狂気の計画に合理性と法的拘束力を与えようとしている。このままいけば、日本製ワクチンが誤った信頼を装って輸出される危険性が高い。もし日本がワクチン加害者になれば、取り返しのつかない被害を後世に残すことになる。したがって、日本政府の行動は国際的な協力によって阻止されなければなりません

日本人にワクチンの危険性を啓蒙する講演を始めてもう3年も経ちますが、主流メディアの壁を突破することは依然として困難です。YouTubeでワクチンについての真実を語れば、1日以内に削除されます。現実に私たちは、ほぼ毎日、検閲と言論弾圧に直面しています。そこで私は最後の言論の砦である本の出版に希望を託し、「WHO脱退」というタイトルの本を出版しました。日本政府の状況を変えることは政治的に絶望的であるため、今の動きを止めることは困難です。

私が世界に伝えたいメッセージは、将来、疾病Xが発生した時、短期間で開発された日本製のワクチンを決して信用してはいけないということです。国境を越えたコントロールが行われた場合、人権を守るため、各国間で真実を共有することは非常に重要であり、これが団結と連帯への第一歩であると信じています。世界各国間の情報交換のプロセスを通じてのみ、私たちは絶望の中に希望を見つけることができます

私のメッセージが皆さんやご家族の健康的な生活を守るために役立つことを願っています。ご清聴ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。