SSブログ

コロナ禍の現況について(一般質問②) [議会]

2月28日発表の昨年1年間の死亡数が1昨年より8.9%も増えたこと。それなのにマスコミは5.1%減で80万人割れの出生数のみを大きく取り上げて、超過死亡についてはまともに取り上げない、このことをおかしいとは思わないか。そこを疑問に思うことで、今の世の中の異常さに気づいて欲しい。何事も人任せにしていると命まで持っていかれる、そういう世の中だ。その意味で、市長が今議会でしばしば口にする「自分ごと」というのは大切な言葉だ。前と考えが変わったからといって責めたりしないから、その時その時最善の判断を下して市政運営を進めて欲しい、ということを訴えました。みんなそろそろ気付き始めてもいいのではないか。いくら外からギャアギャア言われても、わからな時にはわからない。自分で気づいてはじめてわかる。そういう環境条件になってきたように思えるのですが、いかがなものか。

答弁でいただいたデータについてはこれから吟味してみます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

戦争犠牲者の慰霊を今後どう考えるか(一般質問①) [議会]

10日の一般質問報告、2回に分けて書いておきます。

最初の「戦争犠牲者の慰霊を今後どう考えるか」は、梨郷神社の宮司さんの「遺族会も高齢化で解散し始めているところも出ている。梨郷地区は地区あげて慰霊祭をやってるけど、これからどうなんだべね。」という話にはじまる。まだ遺族の方々が健在の今のうちにきちんと考えねばならない。世の中全体、戦争が余所事でなくなっている今こそとりあげるべき大事な問題だ、と思い立っての問題提起でした。まだ具体的な提案までは考えることができなかったので、生煮えの感じですが、今後大事なテーマとして考え続けてゆく、そのための第一歩でした。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

3月議会一般質問発言通告書 [議会]

2023.3.5 .jpg最終的に予定の金額が入ってくるのかどうか、それまでまだまだ心配ですが、ほんとうに大変だった「がんばろう!商店街」の実績報告書が、くたびれ果てて、昨日一応一段落したところです。昨日今日のいい天気、「ああ春が来たんだなあ」の気分に浸っています。今朝のラジオ体操の始まりと同時に、ちょうど朝日が昇り始めました。

27日が一般質問締め切りでした。戦没者遺族の方々の高齢化が進む中で、今後の戦没者慰霊をどうするか、ごく最近ある方から指摘されたことでこの問題を取り上げることにしました。不思議な体験をしました。遺族会ということですぐ頭に浮かぶのが、宮内地区遺族会々長のTさんでした。質問を考えながら何度もTさんの顔が思い浮かびました。27日質問書を議会事務局に届けて市役所を出ようとしたら、そのドアのところでTさんとばったり出くわしたのです。一般質問で戦没者慰霊について取り上げることをその場で報告することができました。戦没者の方々が動いておられるに違いないことを確信しました。気持ちがぐんと引き締まりました。

もうひとつは、例によってワクチンの問題です。厚労省から令和4年の人口動態速報値が発表されたのが発言通告の翌日でした。(「人口動態統計速報:死亡数前年比8.9%増」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-02-28-3 その後のマスコミ報道、出生数の低下を大きく囃し立てますが、それより深刻と思える死亡数の増加についてはほとんど問題にしようとしません。そのことの異常さの指摘も加えた質問内容をこれから考えます。3月10日(金)午後2時ぐらいの登壇予定です。議会中継あります。→http://gikai.city.nanyo.yamagata.jp/nanyocity/

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

食糧危機/ワクチン接種(一般質問) [議会]

一般質問してきました。

終わってみて、「現場感覚」の大切さを訴えることが焦点になったようです。その点では市長とも共通理解に至ったようだし。そこから打開の道が開ければと思う。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『世界で最初に飢えるのは日本』(鈴木宣弘)を読む(付・一般質問通告書) [議会]

世界で最初に飢えるのは日本.jpg鈴木宣弘著『世界で最初に飢えるのは日本』(講談社+α新書 2022.11)を読んだ。

衝撃的なタイトルは、核戦争を視野に、直接的被曝ではなくとも「核の冬」による食料減産と物流停止によって、食糧自給率の低い日本は7,200万人の餓死者が出るとの研究結果による。かねてから言われてきたことだが、いよいよもう「お金を出せば輸入できる時代」の終焉が目前に迫っている。しかしあろうことか、《食料危機が警告されていても、政府内で食料自給率を上げる議論を本気でやっているとは思えない。こうした日本のあり方こそ、日本が直面する最大のリスクかもしれない。》(64p)。としたらどうするか、この著から汲み取るべき主題はそこにある。思いの届かぬ大状況をただ嘆いていても事態はよくならない。まず自分の足元からやるしかない。そのヒントが散りばめられている。

私には「ミュニシパリズム(municipalism)」の言葉が新鮮に響いた。《地域の構成要素を「コモン(ズ)」(構成員によって共同で利用・管理される共有材や資源)ととらえ、市民の政治・政策策定への直接参加を強め、すべてのものを企業の儲けの道具に差し出そうとする流れ(新自由主義)を断ち切って、市民全体のために地域を維持・発展させていこうという取り組みである。》(173p)そこに時代の必然を感じる。その流れの中でいろんな具体的なトライやチャレンジが各地で生まれつつあるのではないか。この著の中では和歌山県の「よってって」に惹かれたし、この著にはないが、日本全体の消費カロリーは供給カロリーの2/3、つまり1/3がロスや廃棄されているという恐るべき莫大なムダを背景に、埼玉県等で活発化している「フードパントリー」の運動にも注目したい。

いずれにせよ、できることはなんでもやってみなければ生きてゆけない時代になろうとしている、と思っていた方がいい。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

9月議会一般質問報告 [議会]

9月5日予定の一般質問が、市長がコロナ感染のため、15日になりました。以下、議会報原稿と登壇原稿です。

*   *   *   *   *

【議会報原稿】

正常な世の中に戻すために
Qコロナ騒ぎが始まって二年半」、終息に向かっているとは言い難いが、もういい加減にっしてほしいというのが正直なみんなの気持ち。最初は最悪の事態を想定して怖がっていたが、最近は身近な人が感染して体験的に語られるようになった。市長のコロナ感染の体験は。
《市長》運良くインフルエンザ程度で収まった。
Qインフルエンザの流行状況は。
《市長》コロナ前の令和元年が4629人、コロナ後の令和3年は63人に激減。
Q一年前に2類相当からインフルエンザ並みの5類にすべきと主張したが、ようやくその理解も広まりつつある。しかしその一方で、5歳以上11歳までの山形県ワクチン接種率は44.7%で全国2位。最下位の大阪府は7.2%で6倍の開きがある。さらに南陽市は53.2%。ワクチン接種後死亡者1835名、重篤者15281人(9/2厚労省発表)の事実を考えて、ワクチン接種に慎重な泉大津市にならったらどうか。
《市長》ワクチン接種のメリットが大きいと考えるので、泉大津市にならうつもりはない。
Q80年前の戦争中と変わらない異常な状況の最たるものがマスク着用。教育現場はどう考えているか。
《教育長》文科省の衛生管理マニュアルに基づきつつ熱中症等を配慮して指導。
《学校教育課長》子ども達の表情が読み取れないということが問題視されている。
◎マスクが子どもの発達に及ぼす影響の深刻さを、教育現場はしっかり受け止めて対処してほしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

市長、コロナ発症。一般質問再延期 [議会]

ワクチン接種2022.9.5.jpeg白岩市長、コロナ発症のため、一般質問再延期の連絡入りました。

変更日程は明日開催の議会運営委員会で決まります。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一般質問日程変更 5日→8日 [議会]

白岩孝夫市長の同居家族がコロナ感染(陽性判断)ということで、白岩市長が濃厚接触者ということで、9月7日まで自宅待機。そのため、今日(5日)10時から予定されていた一般質問は、8日(木)10時からに変更です。

・「9月議会一般質問通告」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-08-28-1

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9月議会一般質問通告 [議会]

9月議会、9月1日開会です。一般質問、下記通告しました。5番目の提出でしたので、9月5日(月)10時登壇になると思います。→http://gikai.city.nanyo.yamagata.jp/nanyocity/

*   *   *   *   *

1、正常な世の中に戻すために

コロナ騒ぎが始まって2年半が経ちました。毎日発表される数字を見る限り終息に向かっているとは言いがたいが、ひとりひとりの思いとしてはもういい加減にしてほしいというのが正直のところです。われわれが聞き知っている今から80年前の戦争中と変わらないような異常な状態がずっと続いています。マスクなどはまさにその最たるものです。大した意味もないことを知りながら、周りを慮って外すに外せない日常があたりまえになっている。こんな状態の中で育つ子どもはどうなるかを思うと暗澹たる気持ちになります。異常を異常ときっちり認識した上で、行政は進んで正常化を目指すべき時期に至っているのではないか。その観点から質問します。

⑴南陽市におけるこれまでのコロナ発症者数、重症化数、死亡者の数は。陽性者と発症者とは別であること踏まえてお答えください。 

⑵ワクチン接種者とワクチン未接種者の陽性率、発症率、重症化率、死亡率は。

⑶市で把握しているワクチン接種による副反応についてお答えください。

⑷南陽市におけるインフルエンザ感染状況を、コロナ以前とコロナ以後(2018年以降2022年まで)についてお答えください。

⑸国や県はワクチン接種推進に積極的にみえるが、市に対して具体的にどのような働きかけがあるか。

⑹教育現場におけるマスク着用の現状は。そしてその評価は。また、マスク着用の根拠をどこにおいて指導しているか。

⑺南陽市経済に及ぼしたコロナの影響について、具体的な数値把握があれば、今後の見通しとともに示してほしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日、一般質問です [議会]

今日11時ぐらいから50分間、私の一般質問です。

・インターネット中継あります。→http://gikai.city.nanyo.yamagata.jp/nanyocity/live_page.asp 制限時間50分です。

・通告内容→https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-06-02 削除した分については前置きで述べさせていただきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感