SSブログ

芳賀道也国政報告・討論集会 [コロナ危機]

昨日午前中天童で吉野敏明さんの斉藤みちよさん応援演説を聴いてきて(https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-09-23-1)、午後からは芳賀道也参院議員の国政報告会&討論集会に行ってきました。会場は南陽市の沖郷公民館。主催は「平和とくらしを守る南陽市民の会 」(会長 和田 廣くん)です。芳賀議員、無所属の立場ながら、YBCアナウンサー時代に培った地元取材能力を遺憾なく発揮して、きめ細かい国会発言をくりかえしておられます。→「MICHIYA HAGA OFFICIAL SITE」 https://www.hagamichiya.com/

質疑の時間もたっぷりもうけられ、多くの方の発言がありました。話題の中心は野党共闘をめぐってでした。「市民の会」は政党では新社会党・立憲民主党系で、国民民主党の与党寄りへの懸念があるようです。私は「小沢一郎さんの動きに期待しています。そのことにも関連してお聞かせください。」とお訊ねしました。芳賀さんの答え。《小沢さんは小沢さんで、このままではとてもとても死にきれねえぞということで、最期の、やっぱりね、力を振り絞って政権を奪い返すんだということは素晴らしいと思いますが、この議論については立憲民主党の中でも、立憲民主党がばらけることにならなければいいなということもあり、ここがまたね、ひとつ難しいところがあるんですけれども、思いは大事にしていかなければいけないという風に思っております。》

ワクチン接種を考える議員連盟.jpg芳賀議員、参院の厚労委員会所属で「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」(会長・川田龍平参院議員=立憲民主党 川田議員と堤未果さんが夫婦であることを今知った!)にも入っておられます。https://www.sanseito.jp/news/5048/ そこでコロナワクチン関連で2点お聞きしました。
(←左から2番目が芳賀議員)
9月20日からのXBBワクチン接種に伴い、これまでのワクチンは廃棄処分になるという。南陽市では約12万回分支給されて、これまでの分に加えて約1万6000回分が廃棄なるという。ところがそのワクチン単価が公表されていない。この問題、読売新聞でも取り上げられた。「コロナワクチン、政府が8630万回分を廃棄へ…購入単価は公表せず 」https://www.yomiuri.co.jp/medical/20230919-OYT1T50166/ 厚労委員会では問題になっていないのか。
最近ワクチン接種被害者の声が大きくなり出したこともあって、ここ数ヶ月の間に「予防接種健康被害救済制度」の認定数が急速に増えて先日219件になった。この数は、過去44年間のワクチン被害認定の総計151件を超える。大問題のはずなのにマスコミも医療界もだんまりで、取り上げることがタブーのようになっている。厚労委員会ではどう考えているか。
ワクチン接種被害.jpg
芳賀さんの答え。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)