SSブログ

根底からの激変が待っている(リーマンショックより根は深い) [mespesado理論]

mespesado さんは、SVBのケースはリーマンショックとはタイプが違います。》と言う。リーマンショックの時は、満期時にちゃんと償還額が返って来ない可能性が高い証券》への投資であったから問題が生じたが、今回の場合は、満期まで待てば満額償還の「国債」だから。→569堺のおっさん :2023/03/14 (Tue) 23:12:57 メッさんがしとりごとスレでSVBの事態をどう考えるのか解説してくれています。相変わらず、見事です/これを持ってグローバル金融が崩壊に向かうことは無い。/取り付け騒ぎというから、警察が出張るくらいの騒ぎかと思えば50人くらいが本店前で行儀よく並んでるだけ。/大阪の木津信用組合の取り付け騒ぎは怒号が響く中。日銀特融の中から1億円が消えるというおまけまで付いたがそれでも、金融体制は壊れなかった。/今回も壊れません。/ただ、弱点をついたなという思いはある。C国である。》

ところがIn Deep氏紹介記事シリコンバレー銀行が破綻したのなら、他も同じだ」米国の国債は、世界で最も安全で「リスクのない」資産であると考えられている。しかし、国債でさえ価値を失う可能性があるため、それはまったく真実ではない。そして、それがまさに起こった。》《金利が上昇すると債券は価値を失うということだ。そして、これがシリコンバレー銀行に起こったことだ。》

国債は満期まで待ってはじめて金利が上乗せされて元に戻る。金利4%の長期国債には4%の金利がついて満期に戻る。ところが満期前の売り買いでは、4%もの金利がつかないと誰も買ってはくれないということ。金利が高いほど値打ちは下がる。米国債に今起こっているのがこの事態。満期まで待ってはじめて金になる国債を、今金に変えようとしても、どんどん値打ちの下がる国債は不良債権でしかない。金に変えようとした途端、安全であるはずの国債も「不良債権」と化す。SVCに起こったのがこれ。それゆえサブプライムローンが原因だったリーマンショックも、「未実現損失」でしかない米国債が原因の今回も、元をたどれば同じこと。その元が「国債」であるだけに、今回の方がずっと根が深い。→「「崩壊は一瞬で起こり得る」:迫るメルトダウンのメカニズムがようやく理解できました。そこには驚くべき事実が存在します」https://indeep.jp/meltdown-just-ahead/

*   *   *   *   *


312 名前:mespesado 2023/03/14 (Tue) 09:41:51
>>311

預金者「何?かわりに融資するだと?何を寝ぼけたことを言ってるんだ。俺
    は今現金が欲しいんだよ。融資額と称して新しい預金を貰ったって
    肝心の現金は手に入らないじゃないか!」

銀行「恐れ入りますが、お客様は、その現金を何にお使いでしょうか?」

預「早速買い物があるんだよ。今日中に店に行かないと売り切れてしまう、
  というか、今日で安売りが終わっちまうんだよ。」

銀「それでしたら現金決済ではなくクレジットカードでお支払いになるとい
  う方法もあると思いますが」

預「オレはクレジットカードは持ってないんだよ。あれって要するに借金だ
  ろう?オレは借金は大嫌いなんだ」

銀「それでしたらお客様がお買い物をされるお店を教えてください。そのお
  店の銀行口座との間で、当方で口座間決済をさせていただきますから」

預「ほう?でもその店は他県の、しかも系列店じゃない小さい店だからお宅
  の銀行とは別の地銀だと思うがね」

銀「それでも問題はありません。全国の銀行はオンラインで繋がっているの
  で銀行間決済になるだけの話ですから」

預「そうか。でもこの買い物についてはそれで出来るかもしれないが、他に
  もいろんなところで現金は必要になるからな」

銀「お任せください。今後現金が必要になる場面では、その現金を支払う相
  手の取引銀行口座との間で口座間決済をし続ければ何も問題ありません」

預「いや、そうは言っても、例えば冠婚葬祭の祝儀や香典とかはどうする?
  こんなもの口座間決済で、何て通用しないぞ」

銀「大丈夫です。どうしても現金でなければならない習慣的なケースという
  のは、あらゆる資金決済の中に占める割合はとても小さいですから、そ
  ういうレアな場合に限っては、きちんと現金でお渡しします。その程度
  の現金なら当行の金庫に保管してある現金で十分対応可能ですから」

 まあ、世の中、現実にはそううまく行かないが、原理的には現金をおろさなくても社会は機能するようになっている。習慣に流れて思考停止になるのではなく、たまには原理に立ち返って考えることもとても重要だと思う。

313 名前:mespesado 2023/03/14 (Tue) 10:28:11
 蛇足ながら、補足です。
 いわゆる銀行の取り付け騒ぎにおいて、何が一番本質か、ということを考えてみたいと思います。現金が下せるかどうかというのは本質ではありませんでした(もちろんNWOで庶民のカネの流れをすべて管理して支配するという闇の話はまた別です)。問題は取り付け騒ぎを起こす切っ掛けとなる事象の発生です。今回のSVBの場合、米国の金利の急激な引き上げが引き金でした。つまり、銀行が預金で購入した債券の価格が暴落し、その時点では未だ「含み損」に過ぎなかったものが、取り付け騒ぎでキャッシュフローが必要になって、これらの債券を売却すると、この含み損が実現して現実の損になってしまう。もしこの時点で売却しなければ、どんなに含み損が大きくても債券の満期時にはちゃんと満額が確保できるから問題は生じない、というところにあります。これに対して、もし銀行が預金者の預金で購入した債券がいわゆるジャンクボンド、つまり満期時にちゃんと償還額が返って来ない可能性が高い証券だったらどうでしょうか?その場合は、仮に米国の金利引き上げのようなアクシデントが無かったとしても、そんな利率が高いことに目を奪われて信用の無い債券に投資するような「投資先の信用リスクの管理が大甘な」銀行は、最終的にはは資金を失って銀行は潰れ、預金も返って来ない、ということになります。実はリーマンショックで生じたのはこっちの方です。ただし、この事件の本質は、銀行の個々の投資先の信用リスクの管理が甘いというよりも、サブプライムローンの債券化によるリスク分散という、一般の人が確率論という抽象数学に疎いことだけでなく、逆に数学者の方も現実世界の人間の悪意というものに疎いことを悪用した詐欺が本質であり、こういった怪しげな投資リスクを冷静に原理に立ち返って考察する機運が世の中に無かったことが一番の問題ではあるのですが。そういう意味で、SVBのケースはリーマンショックとはタイプが違います。今回のSVB危機の話から将来を読むという推理を楽しむのであれば、単なる「取り付け騒ぎの連鎖」みたいな現象面だけを見るのではなく、こういった質的な違いにも目を向けないと、的はずれの議論になると思います。

----------------------

「「崩壊は一瞬で起こり得る」:迫るメルトダウンのメカニズムがようやく理解できました。そこには驚くべき事実が存在します」https://indeep.jp/meltdown-just-ahead/ より

シリコンバレー銀行が破綻したのなら、他も同じだ

If SVB is insolvent, so is everyone else
Simon Black 2023/03/13

2008年9月14日の日曜日の午後、金融大手のリーマンブラザーズの数百人の従業員が、ニューヨーク市の 7番街 745番地にある銀行の本社に足を踏み入れ、オフィスとデスクを片付けた。

リーマンが破綻を宣言するまであと数時間のときだった。そして、その翌日からの崩壊は、大恐慌以来最悪の経済的および財政的荒廃を引き起こした。

S&P 500は約 50%下落した。

失業者が急増した。そして、その後の 1 か月で 100以上の銀行が倒産した。完全な災害だった。

これらの銀行は、預金者のお金を使って特別なモーゲージ債住宅ローンを担保にした債券を購入していたことが判明している。しかし、これらの債券は非常にリスクが高かったために、最終的に「有害な証券」または「有害な資産」として知られるようになった。

これらの有害な資産は、サブプライムの「忍者」、つまり、収入も仕事も資産もなく、過去に請求に対して支払わなかったような歴史を持つ借り手に与えられていた、リスクの高いマネーダウンのない住宅ローンの束だった。

経済が好調だった 2006年と 2007年には、銀行はこの有害な資産から記録的な利益を上げた。

しかし、2008年に経済状況が悪化し始めたとき、これらの有害な資産の価値は急落し、数十の銀行が一掃された。

さあ、また始めようか。

リーマンショックから 15年後…数え切れないほどの調査、公聴会、「ストレステスト」ルール、および金融崩壊を防ぐための新しい銀行規制が実施されていたが、その中で、米国で 2つの大手銀行、シグネチャー銀行とシリコンバレー銀行 (SVB)が崩壊するのを目の当たりにした。

現在でも、銀行は時々破綻する。しかし、これらの状況は不気味なほど 2008年と似ているが、現実はもっと悪いのだ。説明しよう。

1) 米国債は新たな「有害な証券」

シリコンバレー銀行はリーマン・ブラザーズとは違った。

リーマンがバランスシートのほぼすべてをリスクの高い住宅ローン債に賭けたのに対し、シリコンバレー銀行は、実際には驚くほど保守的なバランスシートを持っていた。

昨年 12月31日の銀行の年次財務諸表によると、シリコンバレー銀行の顧客預金は 1,730億ドル (約 23兆円)だったが、融資額は「わずか」740 億ドル (約 9兆9000億円)だった。

これの何が保守的かというと、銀行は通常、預金者のお金のほとんどを貸し出す。たとえば、ウェルズ・ファーゴは最近、1兆3800億ドル (約 184兆円)の預金を報告したが、うち 9,550億ドル (約 127兆円)が貸し出されている。

これは、ウェルズ・ファーゴが顧客の資金の 70%近くを融資したことを意味するが、シリコンバレー銀行の融資は、約 42%であり、より保守的な「預金に対する融資比率」を持っていた。

ポイントは、シリコンバレー銀行が失敗したのは、リーマンのときのようなリスクの高いローンを大量に作っていたからではない。シリコンバレー銀行の経営はそれらからは、ほど遠いほど保守的だった。

シリコンバレー銀行は、預金者の資金の大部分 (1,199億ドル / 約 16兆円) を米国政府債に保管していたため、失敗したのだ

ここがこのドラマの本当の根幹だ。

米国の国債は、世界で最も安全で「リスクのない」資産であると考えられている。しかし、国債でさえ価値を失う可能性があるため、それはまったく真実ではない。そして、それがまさに起こった

シリコンバレー銀行のポートフォリオのほとんどは、10年物国債などの長期国債だった。そして、これらは非常に不安定だ。

たとえば、2020年3月には金利が非常に低かったため、米国財務省は 10年物国債を 0.08%という低い利回りで売却した。

しかし、それ以来、金利は大幅に上昇している。先週の 10年国債利回りは 4%を超えていた。そして、これは大きな違いなのだ。

債券市場にあまり詳しくないのなら、理解しておくべき最も重要なことの 1つは、金利が上昇すると債券は価値を失うということだ。そして、これがシリコンバレー銀行に起こったことだ

シリコンバレー銀行は、金利がはるかに低い時期に長期国債を積み上げた。実際、彼らの債券ポートフォリオの加重平均利回りはわずか 1.78%だった。

しかし、金利は急速に上昇している。シリコンバレー銀行が 2~ 3年前に 1.78%で購入した同じ債券の利回りは現在 3.5% ~ 5%だ。つまり、シリコンバレー銀行は大幅な損失を被っていることになる

彼らはこの事実を隠さなかった。

今年の 1月19日に発行された 2022年の年次報告書は、シリコンバレー銀行の国債の「未実現損失」が約 150 億ドル (約 2兆円)であることを示している。

比較すると、シリコンバレー銀行の総資本は約 160億ドル (約 2兆1000億円)しかなかった

繰り返しになるが、これらの損失は、クレイジーなリスクのあるローンの山から生じたものではないのだ。シリコンバレー銀行が失敗したのは、米国の国債から数十億ドルを失ったからだ。米国債は新たな有害な証券となっている

2) シリコンバレー銀行が破綻したのなら、FRB を含む他のすべての企業も同様だ

しかし、お楽しみはここからだ。

国債のポートフォリオの損失が原因でシリコンバレー銀行が破綻したのなら、他のほぼすべての機関も危険にさらされるからだ

たとえば、私たちの昔からのお気に入りであるウェルズ・ファーゴは最近、債券ポートフォリオで 500億ドル (約 6兆6000億円)の未実現損失を報告した。これは銀行の資本の巨大な部分であり、潜在的なデリバティブの損失は含まれていない。

銀行、証券会社、大企業、州および地方政府、外国機関など、米国の長期国債を購入した人たちは皆、現在、莫大な損失を被っている

FDIC (連邦預金保険公社、すなわち米国の主要な銀行規制機関)は、米国の銀行の未実現損失を約 6,500億ドル (約 87兆円)と見積もっている

6,500億ドルの未実現損失は、2008年の米国におけるサブプライム損失の総額と同規模だ。金利が上昇し続ければ、損失は増加し続ける。

これについて本当に皮肉な(そしてややコミカルな)ことは、FDIC が銀行預金を保証することになっているということだ。

実際、彼らは預金保険基金 (DIF) と呼ばれる特別な基金を管理しており、現在は機能していないシリコンバレー銀行の預金を含め、全米の銀行で顧客の預金を保証している。

しかし、現在の DIF の残高は約 1,280億ドル (約 17兆円)に過ぎない… その一方で、銀行システムにおける未実現損失は、 6,500億ドル (約 87兆円)だ。しかも、損失は増加し続けている。

DIF はその 1,280億ドルをどこに投資しているのだろうか。米国債だ!

そのため、FDIC でさえ、未実現損失から破綻した銀行を救済することになっている保険基金での未実現損失を被っているのだ。

ばかげている!

ここで、特に強調したい銀行が 1つある。その銀行は、債券ポートフォリオで大きな損失にさらされている。

実際、この銀行は昨年、わずか 420億ドル (約 5兆6000億円)の資本に対して 3,300億ドル (約 44兆円)以上の「未実現損失」を報告しており、この銀行を完全かつ完全に破産させた。

その銀行とは、連邦準備制度だ…世界で最も重要な中央銀行だ。それは実際には、どうしようもなく破​​綻しており、それはシリコンバレー銀行よりも破綻している

何が起きる可能性があると思われるだろうか?

3) 「専門家」たちは、このようになるのを見るべきだった

2008年の金融危機以来、立法者と銀行規制当局たちは、銀行危機の再発を防ぐために、際限なく新しい規則のパレードを展開してきた。

最も面白いものの 1つは、銀行が「ストレステスト」に合格しなければならないという新しい規則だった。つまり、銀行がマクロ経済状況の特定の変動に耐えられるかどうかを確認する戦争ゲームのシナリオだ。

シリコンバレー銀行はストレステストに見事に合格した。また、FDIC の審査、財務監査、州の規制監査にも合格している。シリコンバレー銀行の後を追ったのは数十人のウォール街のアナリストたちで、その多くは以前に財務諸表を分析した後、同社の株式に強い「買い」格付けを発行していた。

この不条理の最大の証拠は、1月下旬のシリコンバレー銀行の株価だった。

シリコンバレー銀行は、2023年1月19日の株式市場の閉会後に 2022年の年次財務報告書を発行した。これは先ほど書いた、シリコンバレー銀行の資本を事実上一掃する 150 億ドル (約 2兆円)の未実現損失を計上した同じ財務報告書だ。

決算発表の前日、シリコンバレー銀行の株価は 250.04ドルで取引を終えた。そして、決算発表の翌日、株価は 291.44 ドルまで上昇した。

言い換えれば、シリコンバレー銀行の経営陣が、実際には銀行資本全体が事実上一掃されたことを明らかにしたにもかかわらず、「専門家」のウォール街の投資家たちは興奮して株式を購入し、株価を 16% 引き上げたのだ。シリコンバレー銀行の株価は急騰を続け、数日後の 2月1日に 333.50ドルの高値に達した。

要するに、すべての警告サインがそこにあった。

しかし、専門家たちは再び失敗した。FDIC は、シリコンバレー銀行の悲惨な状態を見て、何もしなかった。連邦準備制度理事会は何もしなかった。投資家たちは歓声を上げて株価を上げた。

そして、これが次のポイントにつながる。

4) 崩壊は一瞬で起こる

1週間前、すべてはまだ大丈夫だった。その後、数日のうちに、シリコンバレー銀行の株価は急落し、預金者たちは資金を引き揚げ、銀行は破綻した。

2008年にリーマンブラザーズでも同じことが起こった。実際、過去数年間、私たちは、世界全体が一瞬のうちに変化する例を次々と目の当たりにしてきた。

少なくとも北米では、2020年3月はまだかなり正常だったことを私たちは皆覚えている。ほんの数日のうちに、人々は家の中にに閉じ込められ、それは根本的な変化だったことを私たちは知っていた。

5) これは今後も続く

長年の読者は、ここまで書いたことに驚かないだろう。何年もの間、これらのトピックについて書いてきた – 銀行の破綻、迫り来る金融システムの不安定性など。

昨年末、私は、FRB がいかに急速に金利を引き上げて金融崩壊を引き起こしたかを説明した。

始まるのは金融の大惨事だが、まだ始まったばかりだ。2008年のリーマンブラザーズのように、シリコンバレー銀行は氷山の一角にすぎない。銀行だけでなく、マネーマーケットファンド、保険会社、さらには数々の企業からさえ、多くの犠牲者が出ることになる。

外国の銀行や金融機関も、米国の国債で損失を被っている…そして、それは米ドルの準備状況にマイナスの影響を与えている。

考えてみてほしい。米国の国家債務がとてつもなく高く、連邦政府が問題を解決する能力のない愚か者の集まりであり、インフレはひどい。

何より、米国債を購入した外国人たちも大きな損失を被っている。

なぜこの狂気を続けたいと思う人たちがいるのだろうか?

外国人たちはすでに米国とドルに対する大きな信頼を失っている…そして彼らの債券保有による経済的損失はその傾向を加速させる可能性がある。

この問題は、中国が国際的な力を発揮している現在、特に心に留めておく必要がある。最近では、中東でイランとサウジアラビアの間で和平が成立している。そして中国は、ドルの代替として自国の通貨を積極的に売り込み始めている。

しかし、担当者たちは誰もこれを理解していないようだ。

空気と握手をする高齢の男は、今朝、アメリカの銀行システムは安全だと主張したここには見るべきようなものは何もない。

この悲しいサーカスの首謀者である連邦準備制度も、何も理解していないようだ。

実際、FRB の指導部は先週ずっと、利上げを続けると主張していた。

つまり、このドラマはまだ終わっていない。いや……始まってもいない。


 


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。