SSブログ

「官民融合」(予算委員会)(3)市長に期待! [議会]

予算委員会での発言をふりかえると、一貫して「官民融合」が頭にあったことにあらためて気づかされる。「官民融合」の言葉はたまたま自分の中から出てきた言葉だが、検索すると結構使われている。「官民協働」「官民連携」などもある。公共と民間のズレを無くし、官民融合による社会変革を目指すために設立された「NEWPEACE thinktank」というのもあった。→https://note.com/newpeace/n/n8c4bd1292ade

20200522231216_5143644c68694c4b6373.png増沢 諒 / NEWPEACE thinktank
@ryo_masuzawa
《「社会は変えられる、という成功体験を拡げていく」をビジョンに、公共と民間の境界線を壊し、様々なアクションを仕掛けています! 1988年長野市出身。早稲田大学、東京工業大学 修士課程修了。研究テーマは「政治家のSNS利用」。 2014年マニフェスト大賞受賞。政治家秘書や選挙ドットコム編集長を経て現職。GR協会事務局。》

・茨城県つくば市/市長:五十嵐立青氏(42歳)《つくば市がほこる研究施設やスタートアップと手を組み、様々な実証実験を進めています。・・・コロナ禍では、インスタで飲食店を応援するキャンペーン「#tsukubae」を企画するなど、スピード感だけではなくセンスも良いです。》

・大阪府四條畷市/市長:東修平氏(32歳)《「日本一前向きな市役所」を目指し、職員の働き方改革や業務改善を進め、大きな成果を生み出し、Work Story Award2019を受賞。職員の採用面談を日本で初めてオンライン化したり、住民票をオンラインで請求できたり、LINEを使って要望を伝えられたりと、住民と市役所職員双方にメリットのある改革を進めています。》

・兵庫県神戸市/市長:久元喜造氏(66歳)《「官民の分断」が問題視される中、神戸市は「官民連携」のトップランナーです。企業と神戸市役所をつなぐ専門部署「つなぐラボ」をはじめ、「500 Startups」と連携したアクセラレーションプログラムなど、市役所が積極的に企業・市民とつながろうとしています。》

「官民融合」、これからの重要なトレンドにちがいない。・・・と思ったところ、NEWPEACE thinktankの代表増沢諒さんのfacebookからのリンクで白岩市長の下記記事発見、全国青年市長会長の立場をフルに活かして良質な情報吸収に期待したい。

*   *   *   *   *
cover-IlL5zGswh26GvUcg2r9b8mHmAxzYsFtl.png

地元高校に市役所部!? 市長は市役所ラーメン課の主事補!? ユニークな官民連携の鍵をトップが語る【第10回GR勉強会】 主催:(一社)日本GR協会

詳細 第10回目となるGR勉強会を3月15日(月)19時よりオンラインで開催いたします!

■ (一社)日本GR協会に関して

地域課題解決のための良質で戦略的な官民連携の手法であるGR(ガバメント・リレーションズ)の必要性を広め、事例を学び、プレーヤーが繋がる場を作ることを目的に、一般社団法人 日本GR協会(https://graj.org/)を設立しました。

コロナ禍では、各自治体間で様々な創意工夫が見られるコロナ対策のまとめサイト「コロナ対策 自治体最前線(http://covid19.graj.org/)」を立ち上げ、全国に発信いたしました。

また全国青年市長会と連携(https://graj.org/mayors-graj/)し、先進的な官民連携に取り組んでいる全国の若手市長の皆さまを登壇者に迎えて「GR勉強会」を毎月オンラインで開催するほか、年に一度最先端の事例を学ぶ「日本GRサミット(https://gr-summit-2020.peatix.com/)」の開催、地域課題解決を進める人のための「GR人材育成ゼミ(https://graj.org/seminar/)」の主催、などを行なっています。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。