SSブログ

「残骸が果てしなくむき出しのまま、見渡す限り広がる」という可能性 [現状把握]

「地球の記録」が、北朝鮮についての重要な論考を紹介してくれている。(「「金正恩氏は戦争の準備をしているのか?」という東アジア分析専門家たちによる米国の記事」https://earthreview.net/is-kim-jong-un-preparing-for-war/米韓の動き次第で、「残骸が果てしなくむき出しのまま、見渡す限り広がる」という可能性がみえる。日本もその射程に入る。あなどってはならない。あらためて白頭山を思う。(「白頭山天池御神璽奉斎90周年祈願祭」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-07-31

長白山天池DSC_1726.jpg
ダイジェスト:《金氏がいつ、どのように引き金を引くつもりなのかは分からないが、その危険はすでに、北朝鮮の「挑発」に関する米国、韓国、日本への日常的な警告をはるかに超えている。/言い換えれば、昨年初め以来、北朝鮮メディアに掲載されている戦争準備のテーマは、朝鮮民主主義人民共和国の典型的な大騒ぎとは見られないということだ。》

1990年から 2019年まで、北朝鮮政策が米国との国交正常化という中心目標をどのように、なぜ、どのように維持してきたのかを詳細に把握しなければ、それ以来、北朝鮮の考え方に起きた重大な変化を理解する方法はない。/金委員長による戦争の準備へのこの根本的な政策転換は、他のすべての選択肢は尽き、1990年以来の北朝鮮政策を形作ってきた以前の戦略は取り返しのつかないほど失敗したと金委員長が結論づけた後にのみなされるだろう。》

《北朝鮮の意思決定は場当たり的で近視眼的なように見えることが多いが、実際には北朝鮮人は世界を戦略的かつ長期的な視点で見ている。》

極めて重要なことは、米国との関係改善という目標が、北朝鮮を指導した金三家にとっていかに中心的な目標であったのか、したがって、北朝鮮がその目標を完全に放棄したことが、韓国とその周辺の戦略的状況をどのように大きく変えたかを理解することである。》

世界的な潮流が北朝鮮に有利に進んでいるという北朝鮮の見方は、おそらく、朝鮮問題の軍事的解決に向けた必要性と機会、そしておそらくはそのタイミングについての平壌での決定に反映されたのだろう。》

北朝鮮の軍事力の正当な標的として、先月の本会議で、金氏はその変化を明確にし、「南北関係は、もはや血族関係や同族関係ではなく、互いに敵対する 2国家間の関係と交戦する 2国家間の関係に完全に固定されている」と宣言した。》

米国と韓国は、「鉄壁の」抑止力に支えられた両国の同盟が、おそらく多少の挑発はあっても、金氏を現状維持軌道に保つだろうという信念にしがみついている。・・・しかし、現在の状況では、その信念にしがみつくことは致命的なことになるかもしれない。過去 1年間の証拠は、状況が最悪のケースを真剣に考慮しなければならない地点に達している可能性、つまり北朝鮮が米国の計算を完全に裏切る方向での行動を計画している可能性があるという現実的な可能性を明らかにしている。》

金氏とその計画立案者たちは、米韓日の緊密な軍事陣地を3カ国が望んでいる中で、心理的にも物質的にも最も弱点を狙う可能性がある。・・・北朝鮮は大量の核兵器を保有しており、我々の推定によれば、韓国全土、沖縄を含む事実上の日本全土、グアムに到達可能なミサイルで 50~ 60発の弾頭を発射できる可能性がある

金氏が何十年にもわたって努力した結果、米国と関与する方法はないと自分自身に確信させたとすれば、彼の最近の言動は、その兵器を使った軍事的解決の見通しを示していることになるのだ。・・・それが実現すれば、その後の戦争で最終的に米韓が勝利したとしても空虚なものになってしまうだろう。残骸が果てしなくむき出しのまま、見渡す限り広がるだろう。

*   *   *   *   *


「金正恩氏は戦争の準備をしているのか?」という東アジア分析専門家たちによる米国の記事

投稿日:


indiatoday.in

過去の単なる挑発とはすでに異なる次元に

最近、北朝鮮の言動、行動が「以前と明確に変わってきた」ということは感じています。

以下のような報道もそれと関係します。

(記事)北朝鮮が南北問題を扱う機関を廃止し、「韓国を第1敵国」に指定
BDW 2024年1月16日

(記事)北朝鮮が、韓国で活動する北朝鮮工作員向けの「謎の暗号メッセージ」を放送していたラジオ局を閉鎖
BDW 2024年1月21日

そんな中で、北朝鮮とその周辺の出来事に関する情報に基づく分析をおこなっている 38 NORTH という組織が、

「北朝鮮は明らかに戦争へ進んでいる」

とする、かなり長い分析記事を掲載していました。

書かれた方のひとりは、ロバート・L・カーリン(Robert L. Carlin)さんという以下のような方で、長い北朝鮮分析と関係のキャリアを持つアメリカの方です。

ロバート・L・カーリン

カーリン氏は、1974年以来、政府の内外から北朝鮮を追跡しており、30回以上北朝鮮を訪れている。

カーリン氏は、2002年から 2006年まで朝鮮半島エネルギー開発機構 (KEDO) の上級政策顧問を務め、多数の代表団を率いて北朝鮮へ会談し、北朝鮮情勢の発展を観察した。

1989年から 2002年まで、アメリカ国務省情報研究局の北東アジア部門の責任者を務めた。その期間の大部分において、彼は北朝鮮との交渉のための特別大使の上級政策顧問も務め、1992年から 2000年までの米朝交渉のすべての段階に参加した。

Robert L. Carlin

北朝鮮情勢の分析に関しては、アメリカで最も詳しい方のひとりと言える方だと思われます。

かなり長い記事ですので、早速その記事をご紹介します。

なお、北朝鮮が戦争に進んだ場合、当然、対象には日本も含まれます。この記事には、以下のようにも書かれています。

> 北朝鮮は大量の核兵器を保有しており、我々の推定によれば、韓国全土、沖縄を含む事実上の日本全土、グアムに到達可能なミサイルで 50~ 60発の弾頭を発射できる可能性がある。

ここから記事です。


金正恩氏は戦争の準備をしているのか?

Is Kim Jong Un Preparing for War?
38north.org 2024/01/11

朝鮮半島の状況は、1950年 6月初旬(※ 朝鮮戦争が始まる直前)以来、これまでにないほど危険になっている。これは過度に劇的に聞こえるかもしれないが、1950年の祖父 (※ 初代国家主席である金日成氏)と同様に、金正恩氏も戦争に進むという戦略的決断を下したと私たちは確信している

金氏がいつ、どのように引き金を引くつもりなのかは分からないが、その危険はすでに、北朝鮮の「挑発」に関する米国、韓国、日本への日常的な警告をはるかに超えている。

言い換えれば、昨年初め以来、北朝鮮メディアに掲載されている戦争準備のテーマは、朝鮮民主主義人民共和国の典型的な大騒ぎとは見られないということだ。

「確かな」証拠がない中、北朝鮮が軍事的解決に踏み切る――事実上、戦争を警告する――という決定を下すのではないかという不安を引き起こすのは、危険を伴う。典型的には、金正恩氏がそのような措置をとれば、米国と韓国が金正恩氏の体制を破壊することを「知っている」ため、あえてそのような措置を講じないだろうという、すでにお決まりの議論に遭遇するだろう

もしこれが為政者たちの考えであるならば、それは金氏の歴史観の根本的な誤読と深刻な想像力の欠如の結果であり、金氏と米国双方の側で大惨事につながる可能性がある

歴史的背景

過去 33年間にわたる北朝鮮政策の歴史が理解されていないことは、単なる学問的な問題ではない。その歴史を誤解することは、現在私たちに直面しているものの規模を把握する上で危険な影響を及ぼす。

1990年から 2019年まで、北朝鮮政策が米国との国交正常化という中心目標をどのように、なぜ、どのように維持してきたのかを詳細に把握しなければ、それ以来、北朝鮮の考え方に起きた重大な変化を理解する方法はない。

金委員長による戦争の準備へのこの根本的な政策転換は、他のすべての選択肢は尽き、1990年以来の北朝鮮政策を形作ってきた以前の戦略は取り返しのつかないほど失敗したと金委員長が結論づけた後にのみなされるだろう

北朝鮮の意思決定は場当たり的で近視眼的なように見えることが多いが、実際には北朝鮮人は世界を戦略的かつ長期的な視点で見ている

1990年の金日成による重要な戦略的決定を皮切りに、北朝鮮は中国とロシアに対する緩衝材として米国との関係正常化を目標とする政策を推進した。

1994年の合意枠組みによってその方向への最初の動きと6年間の実施の後、北朝鮮の目から見ると、歴代の米国政権が関与から手を引いて北朝鮮の取り組みをほとんど無視したため、成功の見通しは薄れた。

2002年に合意された枠組みが崩壊した後も、バラク・オバマ政権時代、北朝鮮は何度か試みを行ったが、米国は調査に失敗しただけでなく、あるケースでは即座に拒否した。

米国では、北朝鮮がこれまで本気だったのか、対話は単に核兵器開発のための隠れ蓑だったのかについて多くの議論がある。私たちの見解は、当時の議論には重大な欠陥があり、今日、この議論は単に事態がなぜこれほど危険な段階にまで発展したのかを理解する上で邪魔になっているだけでなく、より重要なことに、状況が実際にどれほど危険であるかを理解する上でも邪魔になっているということである。この問題は、責任の所在を特定することをはるかに超えている。

極めて重要なことは、米国との関係改善という目標が、北朝鮮を指導した金三家にとっていかに中心的な目標であったのか、したがって、北朝鮮がその目標を完全に放棄したことが、韓国とその周辺の戦略的状況をどのように大きく変えたかを理解することである

戦略的共感

なぜ現在の危険が見逃されているのかという答えの 2番目の部分は、失敗に終わった 2019 年2月のハノイ首脳会談が、金正恩氏の見解にどのような影響を与えたのか、そしてその後 2年間に北朝鮮が政策の選択肢をどのように再検討したかを十分に理解できていないことだ。

2018年6月のシンガポールでのドナルド・トランプ大統領との首脳会談は、金氏にとって、祖父が思い描き、父親(※ 第二代の国家主席の金正日氏)が試みたが達成できなかったものの実現、つまり米国との国交正常化だった

金氏はハノイでの 2回目の首脳会談にその威信を注ぎ込んだ。

それが失敗したとき、それは金氏にとってトラウマとなるようなほど、面目を失った。

2019年8月にトランプ大統領に宛てた最後の書簡は、金氏がどれだけのリスクを負い、失ったかを感じていたことを反映している。その心理的障壁を克服するのは決して簡単ではなかっただろうが、それはその後の北朝鮮政策の大きな変動を説明するのに大いに役立つ。

これは戦術的な調整ではなく、単に金委員長の口を尖らせたものでもなく、30年以上ぶりの根本的に新しいアプローチだった。

決定が下され、過去との決定的な決別が進行中であることを示す最初の明白な兆候は、2021年の夏から秋にかけて現れた。

これは明らかに国際情勢の変化と兆候、少なくとも北朝鮮に対する平壌での再評価の結果だった。韓国と米国は世界的に後退している -- と。

この視点の変化は、北朝鮮のアプローチの大規模な再調整、つまり中国とロシアに対する戦略的方向転換の基礎を提供したが、これは 2022年2月のプーチン・習首脳会談と、ロシアのウクライナ侵攻の時点までに、すでにかなり進行していた。

中国との関係が大きく進展した兆候はほとんどないが、中朝関係が本格的に冷え込む兆候は見られない。しかし、7月のロシア国防大臣の訪問や、昨年 9月のロシア極東でのプーチン・金首脳会談によって裏付けられたように、ロシアとの関係は特に軍事分野で着実に発展してきた。

世界的な潮流が北朝鮮に有利に進んでいるという北朝鮮の見方は、おそらく、朝鮮問題の軍事的解決に向けた必要性と機会、そしておそらくはそのタイミングについての平壌での決定に反映されたのだろう。

2023年の初めに、戦争準備のテーマが国内向けの北朝鮮の高官声明に定期的に登場し始めた。

ある時点で、金正恩氏は「統一を達成するための革命戦争の準備」を呼びかける文言を復活させさえした

それに加えて、3月には党内の権威ある記事が毎日、大韓民国に対する根本的かつ危険な新たなアプローチを示唆し、韓国を見劣りする、真の韓国と考えられるものの外側に置く表現を導入した。

したがって、北朝鮮の軍事力の正当な標的として、先月の本会議で、金氏はその変化を明確にし、「南北関係は、もはや血族関係や同族関係ではなく、互いに敵対する 2国家間の関係と交戦する 2国家間の関係に完全に固定されている」と宣言した

「抑止力」という名の催眠術

米国と韓国は、「鉄壁の」抑止力に支えられた両国の同盟が、おそらく多少の挑発はあっても、金氏を現状維持軌道に保つだろうという信念にしがみついている。

米国と韓国の報復の意図を示すシンボルがますます頻繁に出現することで北朝鮮を寄せ付けなくなるという信念があり、また、もし北朝鮮が攻撃すれば反撃で北朝鮮体制が完全に破壊されるという米国で頻繁に述べられる信念も同様である。

しかし、現在の状況では、その信念にしがみつくことは致命的なことになるかもしれない。過去 1年間の証拠は、状況が最悪のケースを真剣に考慮しなければならない地点に達している可能性、つまり北朝鮮が米国の計算を完全に裏切る方向での行動を計画している可能性があるという現実的な可能性を明らかにしている。

金氏とその計画立案者たちは、米韓日の緊密な軍事陣地を3カ国が望んでいる中で、心理的にも物質的にも最も弱点を狙う可能性がある

奇襲攻撃に関する文献を読むと、米国のエコーチェンバーには響くものの、平壌では受け入れられない可能性がある快適な思い込みに警戒する必要がある。

これは狂気のように思えるかもしれないが、歴史が示しているように、自分たちに良い選択肢は残っていない、と自分に言い聞かせた人間は、たとえ最も危険なゲームであってもロウソクに値する価値があるという見方をするだろう。

北朝鮮は大量の核兵器を保有しており、我々の推定によれば、韓国全土、沖縄を含む事実上の日本全土、グアムに到達可能なミサイルで 50~ 60発の弾頭を発射できる可能性がある

私たちが疑っているように、金氏が何十年にもわたって努力した結果、米国と関与する方法はないと自分自身に確信させたとすれば、彼の最近の言動は、その兵器を使った軍事的解決の見通しを示していることになるのだ

それが実現すれば、その後の戦争で最終的に米韓が勝利したとしても空虚なものになってしまうだろう。残骸が果てしなくむき出しのまま、見渡す限り広がるだろう。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。