SSブログ

一般質問⑶ 新型コロナ総括① [コロナ危機]

ワクチン接種被害.jpg質問当日の朝、ワクチン接種副反応の最新データを探すのに苦労した。

「医療機関からの副反応疑い報告状況」、7月28日厚労省発表より新しい画像を見つけることができない。上の表は、このブログ「芳賀道也国政報告・討論集会」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-09-24 で既出の画像。死亡者報告数2076人、副反応(健康被害)報告件数36451人、その後4ヶ月経ってどうなっているかの集計がない。副反応報告データ.jpg厚労省のデータにあたればわかるのだが、以前に比べてわざとわかりにくくしているようであきらめた。誰かがやってくれるのを待つしかない。(「医療機関からの副反応疑い報告状況」で画像検索して最初の出るのがこれ。→)
ただ、名古屋のサンテレビが、健康被害救済制度認定件数についての貴重なデータを提供してくれている。→ 「【特集】新型コロナワクチン接種後に妻を亡くした加古川市の男性の訴え~自らも闘病中で迅速な健康被害救済制度の審議結果を求める~」(2023年12月04日 )https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2023/12/04/74137/

ワクチン被害認定件数.jpg死亡例認定件数.jpg

新型コロナワクチン以外の45年間の予防接種における健康被害認定と新型コロナワクチン単独の健康被害認定件数の比較。45年間の認定件数3522件が、2年半のコロナワクチンだけで5357件。死亡認定が倍以上の377件。この事態にほとんど目が向けられないことの異常。そんな中、韓国に動きが出てきている。→「韓国史上最大の「420万人」を対象に行われたコロナワクチン後の有害事象の研究から見るその影響」https://earthreview.net/after-covid-19-vaccination-korea/

健康被害認定.jpg

亡くなった方には、死亡一時金(4420万円。今年4月から4530万円に増額)と葬祭料が支払われた。9月末までのデータだが、下の表を今見つけた。コロナワクチン健康被害 死亡事例の受理件数を公表 厚労省、情報不開示から一転 楊井人文弁護士 9/28 https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/ec6518f3bfbeaf6c05ecb5f28b0e9969be58ece7

筆者作成

筆者作成

筆者作成

今回冒頭に掲げたのは「医療機関からの副反応疑い報告状況」の数字で、サンテレビの表は「健康被害救済制度認定件数」。前者は医療機関による判断だが、そのほとんどは「情報不足などにより(因果関係は)評価できない」とされ、被害認定を得るためにはとんでもない労力と時間を必要とする。(サンテレビ参照

死者届出数.jpg

《山形県がこれまで厚労省に報告した「副反応の疑い報告」につきましては、山形県に聞き取りを行ったところ、11月29日時点で266件》との答弁をもらったが、救済制度認定件数については不明。再質問については記事をあらためる。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「一番深刻なのは、自分の赤ちゃん子供にワクチンを打たせた、母親たちだ」(副島隆彦) [コロナ危機]

副島隆彦氏が福島雅典京大名誉教授、宮沢京大准教授等の主張(「「ワクチン問題研究会」記者会見https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-09-09に呼応して叫び声をあげた。→「【3083】重大な事態である。コロナとワクチンは、人工兵器だと、京大教授たちが断言。」https://snsi.jp/bbs/page-1/
宮沢医師 「最初は嘘だと思った。(政府が、国民に)そんな悪いことをするはずがないと。しかしデータを解析したらすぐにわかった」(動画「
JR仙台駅前
宮沢医師 魂の叫び」https://twitter.com/i/status/1707046609719288131
宮沢「お願いします。日本を守りましょうよ、日本を守りませんか。100年後日本がなくなっていいんですか? コロナウイルスも人工的に作られてワクチンと連動しています。
これは最初は、私も嘘だと思いました。そんなはずがない。(政府が)そんな悪いことをするはずがないと思いました。だけど、(私が)データを解析したらすぐにわかります。政府も完全に 乗っ取られ (take over テイク・オーヴァー)されています。
お願いします。(私の話を)聞いてください。みなさん(に、私は)基地外(キチガイ)だと思われるかもしれません。
しかし、京都大学の人間がですよ、京都大学をを辞めてでも、伝えなきゃいけないということでここに来たんです。若い人に日本を残したい」
副島隆彦です。この宮沢教授の、本当の血の叫びに、私たちは、賛同して、皆で、なんとかしないといけない。
こうなったら、反(はん)ワクチンの国民大(だい)集会を開かないといけない。》
《最後に書く。そして、一番、深刻なのは、赤ちゃん、子供にまで、ワクチンを、何度も打たせたことだ。
このことが、これから、ずっと、重大な問題となって続く。言っては何だが、老人たちはもう十分に生きた。既往症(きおうしょう)がワクチンとの合併症状で、苦しんで死んでゆく。それを、他の人は、替わってあげられない。 一番、深刻なのは、自分の赤ちゃん子供に、良かれと思って、ワクチンを打たせた、母親たちだ。貴女(あなた)たちが、これから、どんどん子供たちが、何十万人も発病することによって、泣き叫ぶ、ことになる。この女たちが、全身で泣き叫び、血の涙を流し、慟哭(どうこく)する 様子が、私には、すでに有り有りと、思い浮かぶ。 もう、タダでは済まない。》

そしてIn Deep氏、今日届いたメルマガ。

《秋田県なんて、 5歳から 11歳の子どもの接種率が、6割近くに達しています。遺伝子を改変されても、その本人の外観が変わるわけでもなし、変わるのは「次の世代」となるはずです。/そのうち、どれくらいが遺伝子を改変されるのかはわからないですが、将来的には、日本だけではなく世界的に、「同じ遺伝子を持つ子どもたち」が生まれてきてしまうということなのでしょうかね。日本中で同じような外観の赤ちゃんばかりになったりというような。まあ、そこまでのことはないでしょうが、本来の遺伝子ではない遺伝子を持つ人として生まれる事例は、多くなりそうな気がします。》In Deep 号外2023年10月15日

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

[実は恐ろしい」ノーベル賞 [コロナ危機]

ノーベル賞日経10,3.jpgアメリカ大統領として「棍棒外交」を打ち出し、侵略、殺戮、略奪を繰り返したテディ・ルーズベルト、核兵器を保有したがった佐藤栄作、チリやカンボジアでの大量殺戮の黒幕的な役割を果たしたヘンリー・キッシンジャー、イルグンという「テロ組織」のリーダーだったイスラエルのメナヘム・ベギン、CIAの傀儡として活動したポーランドの労働組合「連帯」のレフ・ワレサ、やはりCIAから支援を受けていたダライ・ラマ、CIAと連携していた人脈に周りを囲められ、西側支配層の計画に協力したミハイル・ゴルバチョフ、ドローン(無人機)を利用して暗殺を実行、ムスリム同胞団やサラフィ主義者を利用して侵略戦争を展開したバラク・オバマなどは「ノーベル平和賞」を受賞している。今年の生理学医学賞もノーベル賞らしい選定だったと言えそうだ。》

《ノーベル賞授与の理由になった「mRNAワクチン」はインフルエンザ程度の危険性と言われていたCOVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)を予防するとされていたが、体に炎症を引き起こし、免疫力を低下させることで、接種した人はさまざまな病気に罹りやすくなり、死亡したり障害が残る人が少なくない。》

1798年に『人口論」を出版、人口削減を主張したトーマス・マルサスはイギリスのエリート層に大きな影響を及ぼした。「自然選択(自然淘汰)説」で有名なチャールズ・ダーウィンはマルサスの人口論やレッセ・フェールの影響を受けていたとも言われている。そのダーウィンの従兄弟にあたるフランシス・ゴールトンは優生学の創始者だ。/ 彼らの考え方に従うと、社会的な強者は優秀なのであり、弱者は劣等だということになる。そして人口を削減するためには劣等な人びとを処分するということになる。》


*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

ワクチン接種についての全国市町村議員等の取組み [コロナ危機]

高畠町の新町議7人、コロナワクチン接種について勉強会を始めたとのこと、がんばってます。ワクチン接種についての他市町村の議員等の取組みについての情報が欲しいと言われたので、思いつくまま、まったくランダムに拾ってみました。まだまだおられるはずです。その都度追加してゆきます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

芳賀道也国政報告・討論集会 [コロナ危機]

昨日午前中天童で吉野敏明さんの斉藤みちよさん応援演説を聴いてきて(https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-09-23-1)、午後からは芳賀道也参院議員の国政報告会&討論集会に行ってきました。会場は南陽市の沖郷公民館。主催は「平和とくらしを守る南陽市民の会 」(会長 和田 廣くん)です。芳賀議員、無所属の立場ながら、YBCアナウンサー時代に培った地元取材能力を遺憾なく発揮して、きめ細かい国会発言をくりかえしておられます。→「MICHIYA HAGA OFFICIAL SITE」 https://www.hagamichiya.com/

質疑の時間もたっぷりもうけられ、多くの方の発言がありました。話題の中心は野党共闘をめぐってでした。「市民の会」は政党では新社会党・立憲民主党系で、国民民主党の与党寄りへの懸念があるようです。私は「小沢一郎さんの動きに期待しています。そのことにも関連してお聞かせください。」とお訊ねしました。芳賀さんの答え。《小沢さんは小沢さんで、このままではとてもとても死にきれねえぞということで、最期の、やっぱりね、力を振り絞って政権を奪い返すんだということは素晴らしいと思いますが、この議論については立憲民主党の中でも、立憲民主党がばらけることにならなければいいなということもあり、ここがまたね、ひとつ難しいところがあるんですけれども、思いは大事にしていかなければいけないという風に思っております。》

ワクチン接種を考える議員連盟.jpg芳賀議員、参院の厚労委員会所属で「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」(会長・川田龍平参院議員=立憲民主党 川田議員と堤未果さんが夫婦であることを今知った!)にも入っておられます。https://www.sanseito.jp/news/5048/ そこでコロナワクチン関連で2点お聞きしました。
(←左から2番目が芳賀議員)
9月20日からのXBBワクチン接種に伴い、これまでのワクチンは廃棄処分になるという。南陽市では約12万回分支給されて、これまでの分に加えて約1万6000回分が廃棄なるという。ところがそのワクチン単価が公表されていない。この問題、読売新聞でも取り上げられた。「コロナワクチン、政府が8630万回分を廃棄へ…購入単価は公表せず 」https://www.yomiuri.co.jp/medical/20230919-OYT1T50166/ 厚労委員会では問題になっていないのか。
最近ワクチン接種被害者の声が大きくなり出したこともあって、ここ数ヶ月の間に「予防接種健康被害救済制度」の認定数が急速に増えて先日219件になった。この数は、過去44年間のワクチン被害認定の総計151件を超える。大問題のはずなのにマスコミも医療界もだんまりで、取り上げることがタブーのようになっている。厚労委員会ではどう考えているか。
ワクチン接種被害.jpg
芳賀さんの答え。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

続・「ワクチン問題研究会」記者会見  [コロナ危機]

「ワクチン問題研究会」記者会見.jpg「ワクチン問題研究会」記者会見https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2023-09-09 のつづきです。

【IWJ号外・会員版】ワクチン問題研究会記者会見第3弾、福島雅典医師が咆哮する!「ワクチン契約は『不平等条約』」! 報じないマスコミに向かっては「ジャーナリストとしての気概と行動力を持て!からの転載です。https://iwj.co.jp/wj/member/archives/518597#memberB

福島雅典京都大学名誉教授我々の手で『因果関係がある』って、証拠を突きつけるしかないじゃないの。国が責任放棄しているんだって。何千人も殺して、何万人も不幸にして。どういう国なんだ、この国は。滅んでしまう。》

井上正康大阪市立大学名誉教授《一番大事なのは、日本の医学界、あらゆる医学界がだんまりを決めているんですね。しかし、学会報告はすでに何百本もこの2年間で出ております。ですから、そういうものをきちっと、学術的に客観的なデータを、一般の方に分かるような形に出していく。これが、この研究会の一つの重要なミッションです。》

福島雅典京都大学名誉教授一番重要なことは、薬剤疫学上、科学上ですよ、リスクはベネフィットより重んじられなければならない。これは薬物療法のリスクマネジメントのイロハの『イ』なんです。『リスクよりも利益が勝る』というふうに、厚労省はずっと言ってきた。じゃあ、その『利益』とは何なのか。『証拠を出しなさい』とうことですよ。》《大学の先生方は『これ(ワクチン問題研究会)に賛同しますから、入らせてください』と、教授に言ったとたん、『お前はもう明日から来んでいいよ』。こういう世界なんだ。だから何回も言ったでしょう。そういうふうに、この国はなってしまった。ジャニーズにしても統一教会にしても、訴えても誰も相手にしてくれなかった。そういう国になったんです。》《今、目の前にいる患者さんに、みんな真摯に向き合っているわけです。その中から紡ぎ出してきた問題だ。だから、『このワクチンを打つな』なんてわめく必要なんか、もうないんだ。はっきりしてるから。結論なんかはっきりしているんだ。出る前からはっきりしているんだけど、誰も言うことを聞かない。》《もう覚醒しないとダメです。『どうやって覚醒したらいい?』じゃない。覚醒した人間として、一人一人が行動しないとダメなんですよ。そういうことなんだって。・・・今は目の前で苦しんでいる患者さん、どこにいっても助けにならない。決め手が欲しいんだ、我々は。『これはワクチンのせいだ』と突きつける証拠が欲しいんですよ、裁判所に、警察に、政府に」。

以下質疑応答全文。

*   *   *   *   *


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ワクチン健康被害 10代の認定も300人に [コロナ危機]

【速報】COVID-19ワクチン健康被害 10代の認定も300人に
https://covid19-vaccine.theletter.jp/posts/42fee9c0-512d-11ee-b170-49fb01e1f03c

以下、In Deepより。(https://indeep.jp/victimization-of-teens/

*   *   *   *   *

認定された十代の症状をすべて挙げますと、以下のようになっています。

十代の認定された被害者の方々の全症状

アナフィラキシー、気管支ぜんそく、心膜心筋炎、左上下肢のしびれ、無菌性髄膜炎、心筋炎、頭痛の悪化、嘔吐、倦怠感、失神、左顔面擦過傷、四肢脱力、過換気症候群、自立神経失調症、慢性頭痛の憎悪、ふるえ、意識消失、失神、血管迷走神経反射、脳震盪、外傷性歯の脱臼、歯牙破折、全身のしびれ、過呼吸、急性散在性脊髄炎、歩行困難

福島名誉教授が言われていたありとあらゆる作用」が、この 22人だけの有害事象報告でも示されています。

最も多いのは、急性の心筋炎と急性心膜炎で、以下のようになっていました。

心筋炎・心膜炎 24件

142件のうちの 24件というのは、かなりの率ですが、他の症状にも全体的に言えることですが、この心筋炎というものは、「副反応とか副作用ではない」です。

心筋は再生されないのです。生涯にわたる影響となりかねない。


*   *   *   *   *

以下、「COVID-19ワクチン メディアが報じないファクト」https://covid19-vaccine.theletter.jp/ より。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「ワクチン問題研究会」記者会見 [コロナ危機]

コロナワクチン、接種後の不調救済へ研究会 有志医師や学識者、診断基準の策定や治療法確立目指す(河北新報9.8)
*   *   *   *   *
研究会の設立趣旨を説明する福島代表理事(左)=7日午後、厚生労働省

  新型コロナウイルスワクチン接種後の長期にわたる体調不良に悩む人たちを救済しようと、医師や学識者の有志が一般社団法人「ワクチン問題研究会」を設立した。関係者が7日、東京都内で記者会見し、症状の診断基準の策定や検査法の開発、有効な治療法の確立を目指す方針を示した。

  研究会は接種後の不調を「ワクチン接種後症候群」と定義。代表理事に就いた医師の福島雅典京都大名誉教授「多くの人が接種後の不調に苦しむ事実を、国だけでなく国民一人一人も直視すべきだ。研究で医学的・科学的な証拠を積み上げ、患者の救済につなげたい」と述べた。

 研究会によると、予防接種法に基づき厚生労働省の専門部会に届いたコロナワクチンの副反応報告は4月30日までに計3万6457人。うち死亡は2076人に上る。福島代表理事は「国民のほとんどが接種済みで、報告数は氷山の一角と見るべきだ。症候群の実態を集め、患者に適切な医療が届くよう正面から取り組みたい」と語った。

 研究会は当事者の治療などに当たる医師687人ら約1500人の医療従事者でつくる全国有志医師の会(藤沢明徳代表)が母体。構成団体には東北有志医師の会(後藤均代表)など北海道から沖縄まで全国9地域の有志医師の会がある。

*   *   *   *   *

記者会見2023.9.7.jpg9月7日木曜日、午後2時より、一般社団法人ワクチン問題研究会が主催する「一般社団法人ワクチン問題研究会設立に関する記者会見」が、厚生労働省会見室で開催されました。→https://twitcasting.tv/iwj_ch5/movie/776067018

岩上安身ジャーナル(IWJ)が全文文字起こし中です。→【IWJ号外】ワクチン問題研究会代表理事・福島雅典医師、「核酸医薬(mRNAワクチン)なるまったく不完全な、薬でもないものをばらまいて!『殺人』ですよ!『虐殺が起きた』と言ってもいい」! 2023.9.8

会員版ですが、あえて転載させていただきます。岩上さんを応援してください。ぎりぎりのところでがんばっているのが伝わってきます。《下記のURLから会員登録いただけます。ぜひ、会員登録していただいてご購読・ご視聴お願いいたします!https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php《8月末時点での会員総数は2566人(前年同日比:1023人減)でした。会員の方々の会費と、ご寄付が、IWJの運営の二本柱です。ご寄付も、連日お伝えしているように、目標額を下回っていますが、会員数も会費も減少しています! 近日中に、第14期におけるご寄付の月間目標額を発表させていただきます!/ 経営は本当に赤字が連続し、厳しい運営状況が続いています。どうぞ、会員登録、あるいは元会員の方は、再開をよろしくお願いします!》

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

アロパシー医学 vs ホメオパシー医学 [コロナ危機]

「米国の科学者がアルコール依存症に対しての遺伝子治療を開発。それはいいとして、脳の中心に直接打つタイプであり…。思い出すのはロボトミー」2023年8月26日 https://indeep.jp/lobotomy-and-vta/からのリンクで、「医師から一般の人々まですべてを貫く「医療の宗教化」は、医療教育でのマインドコントロールから始まる。そしてその歴史」https://indeep.jp/obey-to-all-modern-medicine/

ユースタス・マリンズさんという…まあ、いわゆる陰謀論系と呼ばれる著作を多く書かれている方の『医療殺戮』 (原題は「注射での大量殺戮」)という著作には、医学界が、それまでのホメオパシーから、対症療法等が中心のアロパシーに変わっていったことについて以下のように書かれています。

アロパシー医学 vs ホメオパシー医学

設立当初から米国医師会は、アロパシー医学(対症療法、病気の症状を押さえることを主眼に置いた医学で、現代医学の中心的な治療法)を治療の基本とした。

アロパシーは公認の医科大学で訓練を受けた医師が行う治療で、外科手術と投薬に極端に依存する治療法であった。

…そして、医学界が指定する治療法、あるいは標準的で正式な治療法に従わない医学は、どのような医学に対しても、敵意をあらわした。

19世紀の医学校では、「ホメオパシー」医学(同種(同毒)療法、健康な人に疾患を起こさせる薬物をごく少量投与する治療法)のほうが広く普及していたが、アロパシー学派はホメオバシーに対して強力な敵対活動を始めた。

MURDER BY INFECTION

この頃から、現代医学の学派は他の信念に基づく医学を「排除」し始めたということのようです。この構図は宗教戦争とも似ています。》

長いIn Deep氏の文章ですが、最後に《医師の問題ではなく、「一般の人たちの考え方の問題」ということについて今から 100年以上前にルドルフ・シュタイナーが述べていまして、その部分を抜粋して締めさせていただきます。『病気と治療』という著作に収められています。/ここでシュタイナーさんは、将来的に医学の権威がますます拡大する可能性についてもふれています。》として、シュタイナーの文章で締めています。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

善意のつもりが悪への加担 [コロナ危機]

18日の山形新聞社説「コロナ第9波 続く感染増 緩みは禁物」《新型コロナウイルスの新規感染者数は、沖縄県をはじめ全国的に増加傾向が鮮明になり、専門家は第9波に入ったとの認識を示している。》だからどうなの?もうインフルエンザ以下であることはもう公認済みなのでは?しかしこの社説子は重症化率が以前より低下したとはいえ、高齢者や基礎疾患があるなど重症化リスクの高い人にとって、新型コロナは依然として危険な感染症だ。ウィズコロナで基本となる「個人判断」による感染対策には限界があり、病床確保などの対処については、やはり政府が先頭に立つべきだろう。》と言い張る。さらに第9波は、第8波を上回る規模になると想定してもいいだろう。》と危機を煽る。そして最後は感染防止の基本である3密回避、マスク着用はなお有効だ。高齢者を中心にワクチンも積極的に接種する必要がある。政府が一律に対策や行動制限を求めなくても、身近な人たちを守るため、われわれは気を緩めず注意を継続したい。》

マドモアゼル・愛さんの見解「自分のためではない、愛する者のために」というような言い回しは、これはやはり本物の悪に近いものを感じますね。》善意のつもりが悪への加担。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)