SSブログ

秋葉山火災を思う [宮内]

「無念、最後の議会だより(4)旧ハイジア問題https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2024-04-24」の続きを書こうとしてグズグズしていたら、秋葉山が燃えあがった。この前まで書こうとしていたのとは別な視点で書く必要が生じた。

今回の山火事、民家への延焼の前に心配したのは麓に広がる果樹地帯に火が及ぶことだった。東側斜面川樋地区のぶどう畑には一部被害が及んだようだが、南西斜面宮内地区側で燃えたのは山林のみで、果樹への被害はほとんどなかったのではないか。秋葉山のすそ野の向山一帯は、レベルの高いさくらんぼ、ぶどう、ラフランス、りんごを産出する宮内自慢の果樹地帯だった。ここに被害が及ぶことはなかったと思われる。燃えている最中は、「火伏せの神さまをおまつりしている秋葉山なのに」という思いがあったが、鎮火した今は「やっぱり神様が守ってくれた」との思いがある。5月4,5日は双松公園の火伏せの神さま琴平神社の祭典日でもあった。十数年前だったが、4日の晩打ち上げた花火の火が地上に燃え移り大騒ぎしたことがあった。この時も最初は「火伏せの神さまなのに」と言われたが、火が収まってからは「大事に至らずに済んだのは神様のおかげ」ということで、あらためて神社への崇敬心は増したように思う。今回も火災の規模こそ甚大だが、実質被害という面では少なくとどめられたのではないか。消火に要したエネルギーを考えなければだが。

そう思っているうちに、この火災をプラスに転化して考えられるようになってきた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域