SSブログ

馬野周二『世界最終戦争論』 [本]

世界最終戦争論のコピー.jpg30年以上前の本、馬野周二著『世界最終戦争論』(1988 東興書院)を引っ張り出してきた。石原莞爾が陸軍大学校時代に構想したといわれ、その後昭和15年(1940)に上梓された『世界最終戦論』を高く評価し、それを現在的視点から敷衍したものだ。

「第4章 人類の前史終る 5 石原莞爾の洞見」にこうある。《われわれ人類は平和な狩猟採取の時代から、戦争が社会の中に嵌め込まれた農業の時代に入り、随分と血を流した揚句、戦争の止揚された平和なユートピアであるべき、第二次工業時代に入りつつある。原子爆弾は、地獄の入口なのではなく極楽の入口であったことを、後世の人達は悟るであろう。》とし、こう言う。科学は神である。熱力学というこの神の託宣によれば、われわれが無心にエネルギーを使って低いエントロピーを生産し続けるかぎり、人類はユートピアに向って進む。/逆さ眼鏡というものがある。これを掛けると上下が逆に見えるのだ。恐ろしいのは、これを掛けっ放しにして二、三日すると頭の中の天地が逆になって、この眼鏡を掛けていても外界が正立するようになる。どうも世の中にはこの手の逆さ眼鏡の人達が多いようで、工業化の進行は、公害、資源不足、人口増大、食糧不足、その他あらゆる悪の根源であると考え、現代工業化文明から離脱しなければ人類は亡びると信じている向きがある。》著者によると「逆さ眼鏡」の典型がローマクラブだ。「成長の限界」の登場は1972年だった。ローマクラブというのがあったが、何だか外国の偉い人が首唱して、日本でもこれに同調して熱を上げた人が多くいた。このクラブは一種の世直しを宣伝した。これは典型的な逆さ眼鏡発想で、こんなものは自然の流れに取り残さざるをえないのだ。このクラブは竜頭蛇尾であったが、自然の理法に反する考えが続くはずがない。》(158-159p)という。ところがどっこい、その逆さ眼鏡発想は「世界経済フォーラム」なる一大組織にしっかり引き継がれ、今や世界の「グレート・リセット」に向けて先陣を切る。コロナパンデミック、ロシアvsウクライナ、いずれもその関わりは深い。この先いったいどうなるのか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

「平和」を妨げる6つの敵(オルバン ハンガリー首相) [現状把握]

4月3日、ハンガリー総選挙の投開票が実施され、オルバン首相率いる与党の「フィデス・ハンガリー市民連盟」が勝利した。このことについて解説する張陽チャンネルを見た。→【第333回字幕あり】風向きとブチャhttps://www.youtube.com/watch?v=aIzZccdy_Sk

ヴィクトル・オルバンは、ロシアのウクライナ侵攻に対する物議を醸す姿勢と、ウクライナの指導者ヴォロディミル・ゼレンスキーをあざ笑うかのような演説で、選挙戦を締めくくり、ハンガリー首相として4期連続の当選を果たした。・・・日曜日の夜、投票の86%近くが集計され、フィデスは199議席のうち135議席を獲得し、オルバンの失脚を目指して統一戦線を形成した6党の野党ブロックを粉砕して、議会の過半数を増やす勢いだった。・・・与党は3分の2の超多数を維持し、12年間の政権運営でハンガリーの政治と社会政策を再構築することを可能にした。国民投票の結果は、フィデス53.7%に対し、ペテル・マールキ・ザイ氏が率いる野党連合34.4%で、日曜日の夜、敗北を認めた。「キリスト教民主主義、保守主義、愛国主義という我々のブランドが勝利したことを全世界が知ることになる」と、極寒の中、笑顔で威勢のいいオルバン氏(後ろに内閣のメンバーがいる)は、観衆に語った。「私たちはヨーロッパに、これは過去ではなく未来だというメッセージを送っているのです」。》(英ガーディアン紙)として6つの敵をあげる。

Screenshot 2022-04-10 at 05-19-24 【追悼】藤子不二雄A氏にナンパされたときの話【深田萌絵TV】のコピー.jpgScreenshot 2022-04-10 at 05-20-01 【追悼】藤子不二雄A氏にナンパされたときの話【深田萌絵TV】のコピー.jpgScreenshot 2022-04-10 at 05-20-26 【追悼】藤子不二雄A氏にナンパされたときの話【深田萌絵TV】のコピー.jpgScreenshot 2022-04-10 at 05-22-23 【追悼】藤子不二雄A氏にナンパされたときの話【深田萌絵TV】のコピー.jpgScreenshot 2022-04-10 at 05-21-40 【追悼】藤子不二雄A氏にナンパされたときの話【深田萌絵TV】のコピー.jpg

《「我々はヨーロッパに教えているんです。歴史は今回の選挙を永遠に覚えるでしょう。なぜならば、我々は6つの敵を打ち負かしたからです。この6つの敵は①国内左派 ②国際左派 ③ブリュッセル官僚(EU)④ソロス帝国とソロス資金 ⑤国際マスコミ ⑥ウクライナのゼレンスキー」》

カルロ・マリア・ヴィガノ大司教「第三次世界大戦の脅威は、私たち全員に重くのしかかっています」の記事も重い。《プーチン大統領がウクライナに侵攻したのは、彼の拡張主義の野心を支援するためだと言われているが、実際にはロシアの軍事作戦の主な目的は、深層国家とNATOの侵略を阻止することである。プーチンは、私たち全員を人質にしているのと同じグローバリストのエリートに対して戦っているのです。》そして、《聖ヨハネは福音書の中で、「光は闇の中で輝くが、闇はそれを理解しなかった」と語っています(ヨハネ1:5)。なぜなら、闇は光を嫌うからです。光とは真理であり、明瞭さであり、正直さです。光はキリストです。闇とは、嘘、欺瞞、陰謀のことです。闇はサタンの王国である。》として、行動の指針を示す。反グローバリズム同盟を設立する時が来た。大多数の市民の声を代弁し、現在進行中のクーデターを非難し、権力者の共謀、ロビー団体の利益相反、主流メディアの嘘を明らかにする世界的な市民運動である。この同盟は、グローバリズムのアジェンダに反論し、自然法、共通善、良い統治に準拠した具体的な提案でそれに対抗する、独自の明確で共通の目的を持たなければならない。国家間の調和と主権国家の平和的共存を促進する提案である。主権国家は、自らの故郷に住む権利と、他者を搾取せず、搾取されずに自らの未来と幸福を築く権利を認められなければならない。国家の主権、宗教、文化、伝統の保護、生命と家族の擁護に重点を置いた提案。ここ数十年間、私たちの魂と肉体を破壊するためだけに押し付けられてきたイデオロギーの独裁という忌まわしい鎖を、決定的に断ち切る提案です。》以下、全文機械翻訳。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)