SSブログ

舟山やすえ3市5町後援会研修会(2)農業への構え [舟山やすえ]

米沢の古山悠生市議から、農業問題についての基本的な質問が出されました。《昨年の米価下落で大きなダメージを受けた。ある市町村では、50軒60軒の農家がもう農業をやめたいと言い出しているということで、農業委員会などに農地の差し出しを申し出ているという。こういう苦しい状況の中で、現政権は、大規模化、コストの合理化という方向で進めている。人口減少、農業後継者が少なくなる中でのマンパワー不足、平場はともかく中山間村地では特に厳しい。そういう中で、昨年の見直しで、これまでの大規模農家、認定農業者に加えて、家族経営や半農半Xも認める方向性が示されたが、現実的ではなくて机上の空論になるのではと心配している。先ほどの議員の話では、これからの農業は土地の保全であったり、環境保全という方向に舵が切られていくと言われたが、私もそう思うが、農業をしている若者にしてみれば、やはり儲けたい、自分の子供を育てたい、いい家に住みたい、そういう思いと両立させる方向、基本的に農業振興の方向性についておうかがいしたい。》それに対するやすえ議員の速射砲のような答弁、文字に起こしながらよく理解することができました。口先ではない、やすえちゃんの根っこからの言葉です。だから力があります。やすえちゃん代表質問.jpgあらためて代表質問聴いてみたいと思ったところです。岸田首相の心を動かし得たのかどうか。→【国会中継】参院本会議 各党が代表質問(2022年1月21日)https://www.youtube.com/watch?v=bfbokxzU11Q 1:03;25〜

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)