SSブログ

ウクライナ電撃訪問の影(藤井聡) [ロシア]

昨日(4月6日)の山形新聞「直言」欄。藤井聡京都大大学院教授の「ウクライナ電撃訪問の影ーロシアとの長期的外交に影響」。

岸田総理とゼレンスキー大統領の共同声明「ウクライナ全土からの即時かつ無条件の撤退」について、《この共同声明は日本の対ロ外交の大きな転換をもたらす。なぜならウクライナ全土にはクリミアも含まれているからだ。これまで日本はクリミア問題に関して米国などと異なり、ロシアに対して比較的寛容な立場をとってきた。G7で唯一NATO加盟国ではないと同時に、北方領土問題まで抱えていたからである。・・・これは日本がロシアにとって米国やNATOと同様に「ロシアと全面的な”準”戦争状態」に突入することになったのだ。・・・その結果、今回の電撃訪問は北方領土の返還交渉を全て破壊することとなった。安倍晋三内閣が積み上げてきた経済や資源についての協力関係もまたご破算となる可能性が一気に拡大した。・・・日本はロシアという”準”友好国を失ったのである。・・・空気だけで動く総理外交は国家を地獄に導く。それをわれわれは太平洋戦争で学んだはずだ。しかし日本人はいまだ反省をできないでいるようである。

以下、スプートニクより、「親日のロシア」。

*   *   *   *   *

【ルポ】ロシアの名門大学で「ジャパンウィーク」開催、親子関係からおもしろ地名まで日本の不思議と魅力にせまる

ロシアの外交官を養成することで名高いロシア国際関係大学(MGIMO)で、3月20日から25日まで日本についての知識を深めるイベント「ジャパンウィーク」が開催された。ジャパンウィークの開催はコロナ禍を挟んで4年ぶり。イベントの枠内で多くの興味深い講義が行われ、学生だけでなく、希望者は誰でも聴講できるようにし、最終日には書道の体験講座も行われた。筆者も実際に参加して、ロシアの若者が日本の何に興味を持っているのか、主催者や参加者に話を聞いた。
筆者が参加した日は、日本語学科長のオリガ・リホレトワ准教授による地名学の講義では、日本にある難読地名や不思議な地名、同じ漢字でも何パターンも読み方があることが次々と紹介され、その多くは日本人でも読めないものだった。この講義は、もともと漢字をかなりのレベルまで理解していないと、その面白さがわからない内容だったため、参加者が笑うべきところで笑うのに驚いた。
ジャパンウィークの枠内で行われた地名学の講座 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2023
ジャパンウィークの枠内で行われた地名学の講座
修士課程一年で国際ジャーナリズム専攻のコンスタンチンさんは「4年半日本語を勉強しています。一見単純に見える地名でも、そこに歴史があったりユーモアがあったりして、研究の対象になり得ることに驚きました。当て字という文化があることは知っていましたが、日本人の漢字の選び方は不思議だなと思いました」と感想を述べてくれた。
その他の日程では「日本政治の論理」や「日本の文化コード」、「宮崎駿のアニメから見る現代日本社会における親子関係」をテーマに講演が行われた。書道講座では初体験の人が多かったが、「春」を漢字で書くのにチャレンジし、初めてとは思えない出来栄えだった。
ジャパンウィークの枠内で行われた書道講座 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2023
ジャパンウィークの枠内で行われた書道講座
ジャパンウィークを主催したMGIMO日本クラブの会長で、国際関係を専攻する修士一年のグリゴリー・グラチェフスキーさんは「毎回の講義の後に、参加者からとても良い評価を得ました。特にアニメから見る親子関係の回では、心理学的な要素も含まれ、アニメのあるシーンをどのように解釈するかということで、参加者の間で熱いディスカッションが交わされました。満足してもらえて良かったです」と振り返る。
学部時代はイタリア語をメインに日本語も勉強していたというグリゴリーさんだが、今では日本語をメインの外国語として学習している。「日本語は美しくメロディ的で、文法は論理的という、魅力的な言語です。将来のことはまだ考え中ですが、日本の会社とのビジネスや大使館での勤務など、何か日本と関係した仕事に就ければ」と話してくれた。
日本文化の研究者を目指しているという、日本クラブ副会長のワレリヤ・ヨルリコヴァさんは、「私たちの大学は、国際関係や外交といった分野に主眼が置かれているので、政治や歴史を研究している学生はたくさんいます。なので、そこに文化という視点をミックスできるよう、イベント開催の際は、日本文化に触れることを意識しています」と話す。日本クラブは、今後も映画上映や日露の学生によるカンファレンスなど、様々な催しを企画している。
関連記事
ロシアの若者は、日本の何について研究しているのか? 名門大の卒論審査会で見えた意外なトレンド
【人物】ロシアで楽しむ日本童話の世界 合気道をきっかけに日本に魅せられた人気イラストレーター
--------------------------
【追記 4.8】
京大教授「日本を破壊する岸田首相を7割の国民が支持…このままでは日本は100%確実に滅びる。」 (まぐまぐニュース)
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/856.html
投稿者 西大寺 日時 2023 年 4 月 07 日 22:06:13: cgRA355xS6WP2 kLyR5Y6b
 
京大教授「日本を破壊する岸田首相を7割の国民が支持…このままでは日本は100%確実に滅びる。」
まぐまぐニュース 2022/06/03配信

報道各社が先日行った世論調査(2022年6月実施)で、軒並み過去最高の支持率を記録した岸田首相。

あまりの高さに自民党内からも疑問の声が上がっているこの状況を、我々はどう読み解くべきなのでしょうか。

今回のメルマガ『藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~』では著者で京都大学大学院教授の藤井さんが、日本人の「政治に対する本質的な関心の喪失」を岸田内閣がここまで支持される理由として挙げるとともに、首相の無為無策ぶりを徹底的に批判。

その上で、国民の7割近くがかような首相を支持している現状は「岸田禍」と呼ぶにふさわしく、極めて深刻な事態にあるとの認識を示しています。

(この記事はメルマガ『藤井聡・クライテリオン編集長日記 ~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~』2022年5月28日配信分の一部抜粋です)

■菅総理よりもずっと酷い岸田総理が導く恐るべき「岸田禍」 ~凡庸な宰相の無為無策が招く恐るべき日本破壊

岸田総理の支持率は極めて高い水準にあるようです。その支持率は軒並み過半数。
高いものになれば68.9%なんて言うものもあります。そんな報道に触れる度、当方は心底絶望的な気分になります。
今の日本人は、ホンットのホントに、「政治に対する本質的な関心」など全く持ち合わせていない人々なのだなとしみじみと感じてしまうからです。
そして、「政治に対する本質的な関心」を失った民族は、100%確実に滅びる事になるからです。

所詮今の(少なくとも過半数、多ければ7割方の)日本人達は、岸田さんが私達の国をどうしようとしているかということなど、
どうでもよいのであり、単に雰囲気で支持するかどうかを決めているだけなのです。

なぜそんな風に言えるのか…それはもちろん、岸田総理の政策内容が恐るべき水準で出鱈目だからです。
その時に頭の中に入っているキーワードを、必死になって読み込んだその場その場の「空気」にあわせて呟き続けているに過ぎない宰相だからです。

そもそも今の日本は危機状況に直面しています。

賃金が四半世紀も上がらないデフレ不況が長らく続く中、コロナ禍に苛まれ、あまつさえ円安、ウクライナ情勢による激しい経済被害がもたらされています。
この様な危機状況では迅速かつ、必要十分な危機対応をしなければ、取り返しの付かない大ダメージを被る事になります。

(以下略)

https://www.mag2.com/p/news/540758  

nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

めい

4/8、以下を追記しました。
   * * * * *
京大教授「日本を破壊する岸田首相を7割の国民が支持…このままでは日本は100%確実に滅びる。」 (まぐまぐニュース)
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/856.html
by めい (2023-04-08 03:29) 

めい

陸自ヘリ“消息不明”師団長ら10人搭乗 周辺海域で油や浮遊物を発見…機体の一部か(国もテレ朝もなぜか中国脅威を強調?!)
http://www.asyura2.com/22/warb24/msg/475.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2023 年 4 月 07 日 22:33:51: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
Tweet  

まだ墜落なのか、原因もはっきりしない。なのに何故か、周辺の中国軍の話に置き換えようとするかのような報道に、違和感を感じる。
飛行目的や乗員などや、幕僚長会見など異例づくめの裏には、いったい何が隠されているのか?
   * * *
2. 2023年4月08日 01:46:27 : 647bUzjteg : SFFkQXdGZzRkMlU=[1] 報告

まあ、やるとしたら、
米だな、中国軍がやった様に見せかけて、
背後で、ダマスゴミに対して中国を匂わせろ、
って命令している筈だ。
中国に対する国民感情を悪化させるのが狙いだ。
ただ、これだけで、中国との戦争に持ってゆくには、物足りな過ぎるので、
第二、第三の事件があるかもな。
米CIA戦争屋は、何が何でも、中国潰したいので、
米軍と日本を使って、戦争に持って行こうとするだろうな。
その為に岸田らに急ピッチで、憲法改悪、緊急事態条項導入を促すだろう。
戦争屋としては、日本がどうなろうと、米軍人が沢山死のうが、
人々の恐怖を餌にする様な悪魔だから
当然、そういう方向に持って行くだろうな。
岸田ら見てると、何か人間というより、
魂を持たないクローン人間に見えるな。

by めい (2023-04-11 06:06) 

めい

地球最期、多くの国が、米国と共に自死はしたくない、という方向に完全に舵を切った。日本は悪目立ちせぬように乗り遅れぬように五番手位に寝返る事である。
http://www.asyura2.com/23/cult45/msg/253.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2023 年 4 月 11 日 14:31:40: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
   * * *
2. 2023年4月11日 15:24:25 : aIejbqfoyE : ekpFYS8vcU0ySWc=[227] 報告
▲△▽▼
清水泰雅@steco_shimizu
Is Japan Plunging Ever Deeper Into NATO?
日本はNATOに深入りしているのか?
「日本の林芳正外相は、自国がNATOとの協力を深める時期に来ていることを確信している。同時に、東京は自由で開かれた国際秩序を維持・強化するために主導権を握る決意だ」https://www.theinteldrop.org/2023/04/07/is-japan-plunging-ever-deeper-into-nato/
、日本は、技術的に十分に装備された軍隊を持っているにもかかわらず、1945 年以来どこでも戦ったことがありません。これは、「明日の日本軍は、日本ではなくアメリカの目標のために喜んで死ぬのか?」という疑問を提起します。
-------------------------------------
NATOやEUの転換と一緒に日本も追随するかたちで転換できれば米の嫌がらせが最小限で済みそう。
そういう意味においては欧州すり寄りも悪くないかもしれないが、はたしてそこまでの深謀遠慮が働いているのか笑

3. 2023年4月11日 16:34:52 : aJwIGF3WZM : U1VycS9IUWNSMHc=[5] 報告
▲△▽▼
案外、日本は力が残っていない方が、中露が手を差し伸べてくれるかもしれないよ。

アメ公よりは情があると思うし、中露への抵抗が強いのが多いのが困りものだけど、人として見れば、野蛮で傲慢なアメ公や、暗愚ロサクソン共よりも、中露の人達の方が良い人が多いと思う。

4. 2023年4月11日 19:33:35 : uhZjCKdhMg :
日本政府はポスト米英が考えてる以上にしたたかだよ。
G7で中国包囲網の話し合いの裏で公明党二階訪中団3000人の企画してる。
与党の親中派は9割そして政権は昔から親中親韓の宏池会。
岸田の親米姿勢は単なるポーズ、だから総理になっても宏池会派閥を離脱しない。

by めい (2023-04-12 04:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。