SSブログ

ようやく世の中が「まちがい」に気づき始めた [コロナ危機]

井上正康先生がそのうち、世界が「しまった」と思う時がきます。職域接種になって新しい募集をストップしていますね。・・・今回のワクチンが、とくにスパイクが毒であることを知った医者がワクチンを打つはずがない。これが医療の最低限の義務だと思いますね。そして、自分の家族に打ってみろ、と。スパイクが毒であることを知った上で自分の親や家族に打ってみてください。そしたら私も打ちます、と。これが最後の捨て台詞です。日を追うにつれてワクチンの素性の悪さが分かりつつありますから、やがて世界が知ってくる。》と語るのを聴いたのは2021年7月3日のことだった。世界中が「しまった」と思い始めている」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-07-05-1 このとき、その後まさかワクチン接種がここまで進むことになろうとは思ってもみなかった。それから1年半、ようやく世の中全体気づき始めたような空気感。In Deepがニューズウィーク誌に載った、コロナ対策を強固に推し進めていた科学者による意見記事、「科学界がコロナについて私たちが間違っていたことを認める時が来た」を紹介してくれている。→「ニューズウィークの「私たち科学者は間違っていた」という論説を読みながら「今さら謝罪しても二重思考の世界はもう変わんないんだよ」と思うだけで」https://indeep.jp/live-in-a-doublethink-world/

【追記 2.2 5:25】

コロナ騒動を振り返る


画像

《コロナが終わるにあたって、総括をしていく必要がある。一体誰が正しいことを言っていて、誰が間違ったことを言っていたのか。/僕は曲りなりにこの3年、コロナ関係の情報を追いかけ続けてきたけれども、この総括は僕一人の力では当然できない。この3年間、一般のマスメディアおよびネット空間に、膨大な量の情報が飛び交った。あまりにも膨大なので、何をポイントに総括するかで、百人百様の語り口があるだろうし、そもそも完全な総括は不可能だろう。/しかし、大昔のことではない。2020年。たかだか3年前のことである。関係者の多くは生きている。たとえば上記のグラフについて、各人の見解を求めるといい。「グラフを見ると、ワクチン接種をしたことで初めて”本当のコロナ禍”が始まりました。これについてどう思いますか?」/こういう総括は、後世へのけじめなんです。/コロナ禍の超過死亡20万人。まさか、コロナで死んだとは言わせない。何度でも断言するけれども、人々はワクチンで死んだ。なぜ、こんなことになったのか。ワクチンを推奨したマスメディア、学者には説明責任がある。》


*   *   *   *   *

科学界が COVID について私たちが間違っていたことを認める時が来た

It's Time for the Scientific Community to Admit We Were Wrong About COVID and It Cost Lives | Opinion
Newsweek / Kevin Bass 2023/1/30

医学生および研究者として、私は COVID-19 に関する公衆衛生当局の取り組みを断固として支持していました。当局は、私たちの生活の中で最大の公衆衛生上の危機に、思いやり、勤勉さ、科学的専門知識をもって対応したと私は確信していました。

彼らがロックダウン、ワクチン、そして、ブースター接種を要求したとき、私は彼ら当局と同じ考え方でした。

しかし私は間違っていた

科学界の私たちは間違っていました。そしてそれは命を犠牲にしました

CDC から WHO、FDA を含む科学界が繰り返し証拠を誇張し、自然免疫と人工免疫、学校の閉鎖 、病気の感染など、独自の見解や政策について国民を誤解させていることが今の私にはわかります。

エアロゾルの拡散、マスクの義務化、ワクチンの有効性と安全性、特に若者に対してのワクチンの有効性と安全性。これらはすべて、後知恵ではなく、当時の科学的な間違いでした。

驚くべきことに、これらの対策の一部は現在も続いています。

しかし、おそらく個々のエラーよりも重要なのは、科学界の全体的なアプローチがいかに本質的に欠陥があり、今後もそこに陥るかもしれないということです。

それはそのアプローチの有効性を弱体化させ、数百万人とは言わないまでも数千人などの予防可能な死をもたらすような欠陥がありました。

私たちが適切に認識していなかったのは、我々の選択したい方向で科学的専門知識の使用方法を決定すること、そして私たちの選択は、実際、私たちがサービスを提供する多くの人々とは非常に異なる可能性があるということでした。

私たちが好む選択に基づいてポリシーを作成し、データを使用してそれを正当化しました。そして、私たちの努力に反対する人々を、彼らは見当違いで、無知で、利己的で、悪であると描写したのです。

私たちは科学をチーム・スポーツにしてしまった…。

そうすることで、これはもはや科学ではなくなりました

私たちは、人口の重要な部分を政策立案から除外し、対策に批判的な人たちを非難しました。

これは、非常にさまざまな国全体に一枚岩の対応を展開し、これまで以上に分裂した社会を作り上げてしまいました。そして、長期の影響かもしれない健康被害と経済格差を悪化させてしまいました。

私たちの感情的な反応根深い党派心は、私たちが仕えることになっている人々に対する私たちの行動の完全な影響を見ることを妨げました。

私たちが課したウイルスへの介入のマイナス面を体系的に最小限に抑えて見ていました。つまり、人々の意見、同意、および認識なしに対策は、全体に課されました。

そうすることで、私たちは、私たちの政策によって最も悪影響を受けるであろう人々、つまり貧困層、労働者階級、中小企業の経営者たち、黒人層とラテン系のアメリカ人層、そして子供たちの自主性を侵害しました。

これらの集団は、全知を前提とする支配的で企業化されたメディアマシンから組織的に排除されたために、私たちにはその存在が見えなくなっていたため、彼らへの悪影響は見落とされていました。私たちのほとんどは、他の方法を支持する声を上げず、それらを抑圧しようとしました。

世界的に有名なスタンフォード大学の教授であるジョン・イオアニディス氏、ジェイ・バタチャリヤ氏、スコット・アトラス氏、またはカリフォルニア大学サンフランシスコ校のビナイ・プラサド教授とモニカ・ガンジー教授のような強力な科学者たちが、脆弱なコミュニティを代表して警告を発したときにも、私たちは、彼らの意見は、多くの場合、事実に基づくのではなく、科学的意見の違いのみに基づいて批判と中傷をしているとしました。

(※ 注) これは、2020年に、上記の科学者と医学者たちが、ロックダウンに対しての批判を公式に表明した「グレートバリントン宣言」にふれています。以下にあります。

[記事] グレートバリントン宣言が当局から完全に無視されても、米スタンフォードの医学博士は主張し続ける。「ロックダウンは害悪でしかない」と
 In Deep 2021年1月2日

トランプ前大統領が介入のマイナス面を指摘したとき、トランプ氏は道化師として扱われ、その意見は公に却下されました。そして、アンソニー・ファウチ博士がトランプ氏に反対し、公衆衛生コミュニティの英雄になったとき、たとえファウチ博士が間違っていたとしても、私たちはファウチ博士が言うことを支持しました。

私たちがトランプ氏たちに向けた軽蔑は、パンデミックへの対応に対する国民の信頼にとって災難である出来事でした。私たちのアプローチは、国家の共同プロジェクトであるべきだったものから、人の大部分を遠ざけました。

そして、私たちは大きな代償を払いました。

専門家クラスによって疎外された人々の怒りは爆発し、ソーシャルメディアを支配しました。

意見の相違を表明するために、多くの反体制派が、陰謀論や独立系の科学者たちの資料に沿って、パンデミックの主流を支配していた専門家たちのコンセンサスに反論しようとしました。

その後、彼らの主張は「フェイク」と名付けられ、「科学的無知」と「知識の欠如」のせいにし、政府はビッグテックと共謀して積極的にそれらの主張を抑圧し、政府の反対派の正当な政治的懸念を消し去ったのです。

そしてこれは、パンデミック政策が、アメリカ社会の非常に薄い部分、すなわち、学界、政府、医学、ジャーナリズム、技術、公衆衛生機関等の、高度な教育を受け、特権的な人物たちによって作成されたという事実にもかかわらず、特権の快適さから、このエリートたちは、労働者階級の自立を称賛し、日常生活でリスクを考慮することを日常的に要求しました。

私たちの指導者の多くが、階級格差を超えた人々の生きた経験を考慮することを怠ったことは、良心的なこととは言えません。

当時の私たちは、ロックダウンを批判する人々に対して、彼らは怠惰で、後ろ向きで、悪でさえあると厳しく判断していました。

私たちは、彼らの利益を代表する人々を「詐欺師」として却下しました。私たちは、「誤情報」が無知な人たちを扇動していると確信していました。

私たちは一般の人々に相談することなく、政策を作り上げました。私たちの公衆衛生当局が傲慢さを抑えて主導していたなら、米国でのパンデミックの過程は非常に異なる結果をもたらし、失われた命は、はるかに少なかったかもしれません。

しかし実際には、ワクチンと医療制度の問題が原因で、アメリカで大量の命が失われ、そしてそれが進行しているのを目の当たりにしてきました。

すでに裕福なエリートたちに富の大規模な集中が起き、そして貧しい人々の間での自殺と銃による暴力が増加しています。

特に若者の間で、うつ病と不安障害の割合がほぼ倍増しています。

すでに不利な立場に置かれた子供たちの教育成績の壊滅的な喪失。そして、最も脆弱な人々の間では、医療、科学、科学当局、政治指導者に対する幅広い信頼が大幅に失われました。

この文章を書いた動機は単純です。

科学に対する国民の信頼を回復するためには、パンデミックの際に何が正しかったのか、何が悪かったのか、どこで改善できたのかを公に議論する必要があることは明らかです。

自分が間違っていたのなら、どこが間違っていて、何を学んだかを認めることに問題はありません。それが科学の仕組みの中心的な部分です。

しかし、多くの人たちが集団思考に固執しすぎており、公に責任を取ることを恐れすぎ、「どこが間違っていたのか」という議論が行われないのではないかと私は懸念しています。

これらの問題を長期的に解決するには、これまでの批判的な主張を含めることを含め、私たちの機関における多元主義と寛容へのより大きなコミットメントが必要です。

知的エリート主義、資格主義、階級差別は終わらせなければなりません。

公衆衛生と私たちの民主主義への信頼を回復できるかどうかは、それにかかっています。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。