SSブログ

『本当はこわくない 新型コロナウイルス』(井上正康)を読む [コロナ危機]

本当は怖くない.jpg井上正康著『本当はこわくない 新型コロナウイルス』(方丈社2020.10)、チャンネル桜の【討論】ウイルス感染の真実を問う[桜R3/2/15]https://www.youtube.com/watch?v=dybhsdHtlisにパネラーとして登場する著者を知り求めた。昨日、3時間の討論を聴いた後読み始めて一気に読み終えた。

非常にていねいでわかりやすく、新型コロナについて理解しておくべきいちばん基本的なところがきっちり肚におさまった。《すでに集団免疫力を獲得している日本では、MERSのような猛毒新型変異株が誕生しない限り、大惨事にはならないと考えられます。社会的影響力の大きな大学教授や医学研究者には特に俯瞰的な視野が強く求められます。》(172p)この文章に著者の新型コロナに対する立ち位置が要約されている。すなわち、幸運にも初期の弱毒性段階で集団免疫を獲得した日本においてはそう心配したものではない。しかし事態は常に進行しており、いつ何が起きるかわからない。したがって、《政府や専門家は、世界と日本での発症状況を注意深く観察しながら、危険を増したら素早く対処できる科学的体制を構築することが大切です。国民もインフォデミック(情報混乱)に振り回されて過剰反応せず、”正しく恐ること”を学ぶ必要があります。》(178p)著者はコロナの騒ぎが始まって以来、毎朝最新の研究成果等世界中の情報に接することに時間を費やしているという。それゆえの信頼感が一冊の隅々から伝わってくる。「正しく理解し正しく恐れよ」、それが結論。各章ごとの「まとめ」も簡明的確でありがたい。手元に置いて事あるごとに参考にしたい本。おおいにおすすめです。

nice!(1)  コメント(6) 

nice! 1

コメント 6

めい

PCR検査のCT値とは

   * * * * *

PCR「陽性」基準値巡り議論、日本は厳しめ?
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65910480W0A101C2CE0000/
2020年11月8日 2:00

新型コロナウイルスを巡り、PCR検査で「陽性」「陰性」を判断する基準値に注目が集まっている。基準値に国際標準はなく、実は日本の陽性者が別の国では陰性と判断される可能性もある。基準値をどう設定するかは海外でも議論になっている。

PCR検査は検体の温度の上げ下げを繰り返すことで、ウイルスの中にあるRNAを増幅し、感染の有無を判断する。わずかな量でもウイルスを検出できれば、感染を確認できる。ウイルスが存在しないか、極めて少なければ「陰性」と判断される。

陽性と判断する基準値には、増幅に必要なサイクル数(CT値)を使う。基準を高く設定するとウイルス量が少なくても陽性と判断される。国立感染症研究所の新型コロナの検査マニュアルでは、原則この値が40以内でウイルスが検出されれば陽性と定めている。

一方、台湾では35未満に設定しているとされる。日本で陽性となった人が台湾では陰性となる可能性がある。中国は中国疾病対策予防センター(中国CDC)によって37未満を陽性と判断するが、37~40の場合は再検査などを推奨している。

日本でも一部検査機関では40に近いと再検査する機関もあるが、国の指針などはない。国際的にも40程度に設定している国が多いとみられる。

基準値が問題になるのは、この値を高めに設定すると、ウイルス量がごく微量で、他人に感染させる恐れがない人まで陽性と判断してしまう恐れがあるためだ。入院や治療が不要な人まで陽性とされる懸念がある。

英オックスフォード大学の研究チームはPCR検査が死んだウイルスの残骸を検出している可能性があると報告。英国の別の研究では、値が25より小さい陽性者の85%以上は他人に感染力があるウイルスが培養できたが、35を超えると8.3%しか培養できなかったとの結果もある。

米ニューヨーク・タイムズの報道では、米国でも基準値は40前後に設定されているが、一部の専門家から「30~35程度が適正だ」との声も上がっているという。

日本臨床検査医学会で新型コロナ対策を担当する柳原克紀・長崎大教授は「ウイルスが極めて微量だから感染性がないとは現状では言えない。使う機械や試薬によってもCT値は異なる。この値だけで断言するのは難しいだろう」と指摘する。

基準値を高めに設定することで、発症前や感染初期でウイルス量が増える前の陽性者を確実に見付けやすくなる可能性もある。柳原教授は「現在は安全性を第1に考え、日本は最も厳しく設定されている。研究が進めば基準の変動もあり得る。国際的な議論が必要だろう」と指摘する。

退院時にPCR検査を行い、陰性を確認する医療機関もあり、不必要に入院期間を長期化させる恐れもある。日本感染症学会は10月、「検査で陽性でも感染性が低い症例がかなりの頻度で存在する可能性がある」との見解を示した。無症状でも退院させられない症例が増加しているとも指摘している。

厚生労働省は5月と6月、退院基準を相次ぎ改定し、退院時のPCR検査を必須ではなくし、発症から10日後かつ症状軽快後72時間たった場合も退院できるようにした。ただ退院時にPCR検査をするかは医療機関の判断に委ねているのが現状だ。

by めい (2021-02-28 11:20) 

めい

ファイザー遺伝子ワクチンのわかっている副反応
https://www.youtube.com/watch?v=AzM1IcZECAU

新型コロナワクチン接種推進担当 河野大臣からのワクチンの副反応についてのメッセージ
16,498 回視聴
•2021/02/02
https://www.youtube.com/watch?v=IN0l5Xbsg-Y

by めい (2021-03-01 06:26) 

めい

ワクチン接種3日後、くも膜下出血で死亡 因果関係不明https://www.asahi.com/articles/ASP326R3BP32ULBJ01P.html?iref=comtop_7_02

by めい (2021-03-03 03:30) 

めい

実際にコロナ患者治療に当たる現場医からのアドバイスとして貴重です。ひとりひとり、という視点に立てばなんとか罹らないようにしなければならないというのは、交通事故に遭わないようにしなければならないのと同様です。マクロの視点とミクロの視点にわけて考えねばならないのだと気付きました。副島隆彦重掲板での議論です。http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

   * * * * *

[3023]ワクチンについて他

投稿者:北関東勤務医
投稿日:2021-03-01 11:36:41

一会員さん紹介のビデオを試聴しての感想です。このビデオの一部の医師の言っていることは、同意できることもありますが、いまだにCOVID19は存在しないとの海外医療関係者の意見は、毎日患者を診て、重症者の治療を行っている現場の医師としては、まあ、今となっては呆れるほかありません。
それ以外のここの投稿を見れば、やはりいまだにCOVID19をただのインフルエンザ、風邪症候群と同じあるいはそれ以下のウイルスだという認識の方が多いので、ブーイングをされるのは承知の上で再度書き込みさせていただきます。副島隆彦先生にはいろんなことを教えていただいたので、道場の皆様へのリスペクトを込めて、私の様な現場の医師の考えも知っておいていただきたいと思います。

医療現場でインフルエンザや風邪で亡くなるのは、本当に弱った高齢者で、周りの家族もあまり無理して延命しても・・というような患者さんです。
若い人はもちろん、合併症などがあってもまだまだ生きていける高齢者が、インフルエンザや風邪で重症化し、ICUで人工呼吸を行うことは稀ですし、ECMO治療に至っては行うことはほとんどありません。インフルエンザにはタミフル、リレンザなどの効果的な薬があることも大きなポイントです。

しかし新型コロナは、40代の健常者でも重症化し、適切な治療をしなければ死亡します。ましてや高齢者、糖尿病などの合併症のある患者さんは感染すると重症化しやすく、人工呼吸を必要とすることが多いです。症状が改善し、退院した後にも、心、血管系や、神経系の合併症を起こすことも多いようです。詳しいことは言えませんが、当院でも複数経験しています。このことに関しては巷で噂の、人工ウイルス説も、私個人としてはあり得ると考えています。関われば関わるほど、不思議なウイルスです。

COVID19感染症は、インフルエンザやただの風邪ではありません。
 
ワクチンについては、私見ですが、長期の臨床試験が行われていないので、5年、10年後に何が起きるかわかりません。それは確かだと思います。ですから、現在の医療システム、政治状況を信じられない方々(ここの会員の大多数はそうかも知れませんが)は、接種しないほうが良いかと思います。
ちなみに私は、現在の医療システムで給料をもらっている身であり、身近にCOVID患者がいて常に感染の危機に晒されていることから、長期的な影響はこの際無視し、接種することにしております。学問道場の皆様には決して無理にお勧めは致しません。
 
 余談になりますが、日本でのCOVID政策に関しての皆さんのご意見を見ていて、医師としてご理解いただきたいのは、先ず、重症者の対応ありきなのだということです。緊急事態宣言などは、基本的にICUで重症患者がこれ以上診られない状況を目安として発令されています。
ICUは専門知識のある医師と看護師、その他医療関係者に支えられており、専門スタッフは適当に連れてくるわけに行かず、急に育成することもできません。新型コロナ専用病棟は、比較的早く整備できるのですが、ICUはそうはいきません。
新型コロナ患者は軽症がほとんどというのはその通りです。しかし、たまに重症になる人の数だけで、日本のICU体制では対応できない事態になります。
 
 日本のCOVID死亡者には、人工呼吸を行っても助からないと判断された状態の悪い高齢者が多く含まれているはずです。こういう患者さんは人工呼吸せずに一般のコロナ病棟で看取ります。普通の病棟では、周りの人が感染してしまうので、隔離できるコロナ病棟が絶対に必要です。COVID19にインフルエンザのように効果的な薬剤があれば、重傷者、死亡者はだいぶ減らせると考えられますが、残念ながら今のところありません。重症化するかしないかは、正に予定説の世界です。
人工呼吸を行うのは、基本的に助かる見込みのある患者さんです。実際この様な患者さんを救命できる可能性は、日本は世界でも高いレベルだと思います。生きられる患者さんを救命するため、ICU病床が足りなくなると、緊急事態宣言が出る訳です。

 しかし、それでは経済が回らないから、ちょっと感染者が減れば緊急事態宣言を解除し、またICUが一杯になると緊急事態宣言を出す。この繰り返しが現在の状況です。
多くの人にワクチンを接種させ、感染者を少なくして、経済を回すのが、現在のところもっとも良い方法と多くの国の政府が考えている訳です。

私は、早い段階で中国並みの厳しい規制を1ヶ月すれば、世間のCOVID19感染者はいなくなるので、みんなマスクをせずに普通に生活できたかもと思っています。まあ、日本では絶対無理でしょう。

最後にまた繰り返します。60歳以上の方も多いであろう学問道場の皆様は、感染しませんよう、くれぐれもご注意ください。

[3025]ご質問に対しまして

投稿者:北関東勤務医
投稿日:2021-03-02 15:21:34

一柳様
最初のご質問ですが、40代の健常者が重症化した場合、人工呼吸、ECMOなど、最大限の適切な治療がなされますので、死なないのです。比較的若いので、治療が奏功することが多いです。
ただし、私は死亡者が多い、少ないで論じているのではなく、コロナ対策を怠ると、ICUで助かる人が助けられないという観点で申し上げてます。日本では、助かる人は結構助けていると考えています。

COVID患者さんのICUでの人工呼吸管理は、通常の患者さんの数倍の手間と人員を要します。期間も長いです。ECMO管理に至っては普通のICU患者の3から5倍の人数が必要です。助かる人を助けるのも、物凄く大変で、コロナ禍が1日も早く終息することを願っております。

PCR検査は、これ以上の精度の検査が現状できないのでやっております。偽陽性、偽陰性色々な問題がありますが、もう1年近くこれに頼って患者さんと向き合っており、役に立つ道具として認識しております。また、結果を無条件に信じず、他の症状や画像診断も用いて感染の有無を判断しておりますので、結果を盲信しているわけではありません。

一柳さんのおっしゃる様に、やはり偽陽性が出ることがあり、ウイルスの死骸を測定している事はあるかも知れません。症状が改善した後、何度検査しても陽性が出て、なかなか転院できない患者さんもいらっしゃいます。だからと言って陽性が出てもこれは死骸だという証明はできません。さらにだからと言ってみんな陽性に出るのでこんな検査止めてしまえという訳にも行かないのです。

この検査の一番の特徴は、感染の疑いのある人を見つけることで、たとえウイルスのカケラであっても検出されれば陽性となります。その人に感染力が無いことを判断する術は今のところ有りません。なので、陽性が出たら人に感染させる恐れがあるので、隔離となります。おそらく嫌だから家に帰りたい人がほとんどだと思いますが、そうすると感染症のコントロールがつかないので、法律で縛っている訳です。

COVID感染者と接触の機会がなければ、通常PCR検査をする事は無いと思いますし、濃厚接触者と認定されないよう、マスクの着用をお勧めいたします。どちらもマスクを着けず、1メートル以内、15分間の接触があると、濃厚接触者になります。これはもう機械的、事務的に決められており、ちょっと理屈じゃないのですが、このルールはおそらく経験則で決められおり、今のところ上手く機能していると思います。

私を含め医療関係者は家族以外ではこの様な状況にならないよう、注意して生活しています。もしPCR検査を受け、陽性だが増幅回数が高いので納得できないと反論されても、現状では保健所、医療機関は相手にしてくれないと思います。

私が一柳様だったら、感染しないように最大限気をつけて生活すると思います。ご不自由でも、コロナがおさまるまで、ご自愛ください。万が一感染して、軽症でおさまっても、高齢者では普通の風邪に比べてかなりキツイ症状が出る様です。いつ重症化して、人工呼吸になり、そのまま家族とも会えずに亡くなるかも知れない訳ですから、かからないに越した事はありません。

一般の方の亡くなる数が少ないから、死ぬのは年寄りだけだからといって、何もしなくて良いだろうということではありません。現状でも助かる見込みのない高齢者は、人工呼吸をせずに看取っています。
重傷者ありきの対策で、まだまだ生きられる人を助けるためなので、どうかご理解いただきたいと思います。

一柳様、学問道場の皆様のご健勝をお祈りいたします。

勤務の合間で、答えられない質問もあったかと思いますが、ご容赦ください。

by めい (2021-03-03 03:54) 

めい

コ〇ナ〇クチンを軍人ら 50万人に接種して1万1千人が死亡し、10万人に障害が起こっていた!!!
2020年12月19日(土)
https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12644566590.html

by めい (2021-03-05 04:39) 

めい

FDA公式
https://www.fda.gov/media/144245/download
https://i.imgur.com/QBbJh6b.jpg

ファイザーのワクチン接種者の発生事象
注射部位の痛み 11.3%
疲労感 5.5%
頭痛 5.2%
筋肉痛 4.8%
悪寒 5.3%
関節痛 1.1%
発熱 6.1%
吐き気 1.1%
下痢 1.0%

ファイザーの プラセボ(偽薬)接種者の発生事象
注射部位の痛み 1.5%
疲労感 1.4%
頭痛 1.6%
筋肉痛 0.7%
悪寒 0.5%
関節痛 0.4%
発熱 0.3%
吐き気 0.3%
倦怠感 0.8%

by めい (2021-03-05 04:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。