SSブログ

『米中AI戦争の真実』(深田萌絵 )を読む [本]

米中Ai戦争の真実51HSoRiEQvL._SX340_BO1,204,203,200_.jpg『米中AI戦争の真実』(深田萌絵 育鵬社 2019/12)を読んだ。

隣国中国は、国内の情報遮断、自国「防衛」のために築き上げた「グレート・ファイアーウォール(GFW/中国防火長城)」を他国「攻撃」ツールに転化しようとしている。その最前線を担ってきたのがファーウェイ(華為)だ。先般台湾のTSMCにつづき、韓国サムスンもファーウェイからのチップ製造依頼を拒否したとの報道があった。ファーウェイのスマートフォン生産は危機的状況に陥る。任正非CEO「会社は戦時状態に入った」との危機感を示したという(亜州ビジネスChina 6/19)。 熾烈な「戦い」の現実がある。

《米中が繰り広げるAI戦争の実態は、「監視」と「言論統制」だ。/世界中の人々の通信や家庭での会話を監視し、不穏分子をAIで予測して事前に取り除き、AIで言論・情報統制を行い、民主主義国家の有権者の投票行動をコントロールしていこうという流れが世界的に起こっている。》(22p)しかし、《AI軍事革命をめざす中国の隣国であるにもかかわらず、我が国はあまりにも対応が遅れている。》(39p)日本はゆるい。《民主主義の根幹、有権者の投票行動がAIに制御され始めている。/デジタル全体主義の幕は開いた。》(39p)この現実を直視せよ。「あとがき」にはこうあった。《インターネットの情報が統制されることで、私たちの意識に事実が浮び上らなくなっていく。そして、AI戦の現実は技術が進化したぶんだけ小説よりも残酷だ。》(222p)

日本のわれわれはどうすべきなのか。その答えが「あとがき」にある。《中国共産党によって、良心を形成するすべての 神々の存在は否定され、宗教への弾圧は続いている。この攻撃で破壊されていく宗教が多い中で、日本人の良心は最強のアーキテクチャで守られていることに気付いた人はいるだろうか。八百万の神々は一神教のように中央集権的でなく分散型だ。一神教のように攻撃対象となる単一障害点が存在しない。破壊の対象となる偶像もなく、否定しようにも教祖も経典も存在しない。天のために善を尽くしても見返りはなく、ただ、道から外れれば天罰がくだる。/八百万の神々からの善悪の教えはなく、画一的には決められない善悪の判断を常に自分と天の間で問い続ける不確定性が人々の知恵を育てる。広大な暗黙知、不確定性、分散型処理というセキュアなアーキテクチャの中で、日本人の良心は守られていく。私たちは何千年も続いたシステムで、心が守られている。/恐るべきは、悪ではない。/「自分は弱者だ」と良心を説き伏せて、保身に走ろうとする自分自身の弱さだ。》(222-223p)この明快さ、潔さがうれしい。
次々出てくる初めて聞く言葉にとまどいつつもなんとか読み通せたのは、著者はAIの最前線に身を置きつつ、その限界をも見据えているからだろう。《コンピューターの得意な計算速度を求められる問題ではAIは人間知能を超えているし、その分野で難題と呼ばれている計算に時間がかかるモノも解かれていくだろうが、人を感動させるような音楽や小説を書くなどの創造力を求められる分野ではシンギュラリティは来ないだろう。想像力という分野で、何が人間と同等の能力だといえるか定義づけすら難しい。・・・感情がないから、人間に感動を与えるような創造力を発揮することができない。》(70p)
中国のIT工作員Fとの著者の関わりも読ませる。《日本に帰化した中国出身の民主活動家たちがSNS上で、中国のスパイでないなら『南京虐殺はなかった。天安門事件はあった。』と言ってみろ」とFに呼びかけたが、彼は沈黙を守った。/ 理由は、その言葉を発せばGFWを通じて中国社会システムで自分がスコアリングされ、何かの拍子に収容所に送られることを知っているからだ。南京大虐殺があったと教育されて、日本への復讐に燃える彼に真実は理解できない。》(150-151p)これを「滑稽」ととるか「脅怖」ととるか、今の私に答えはない。新型コロナに翻弄されつづける今の日本を見るにつけても。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。